最近、K-POPユニットに外国人メンバーが参加することが増えています。日本人と台湾人のメンバーが参加するTWICEはそのひとつですが、その他にも、多国籍のアイドルユニットはたくさんあります。

今回の記事でご紹介するのは、韓国人10人・中国人3人のアイドルユニット・宇宙少女!

 

 

宇宙少女とは

宇宙少女は、Starship Entertainmentが、中国の楽華娯楽と共同で結成した、韓国・中国アイドルユニット。2015年に結成され、2016年にデビューしました。

Starship Entertainmentは、SISTARをプロデュースしたことで知られており、宇宙少女はもともとSISTARの妹グループになることを期待されていました。結果としては、SISTARは活動が減り、ついに2017年に解散してしまいましたが、宇宙少女は活躍を続けています。

メンバーは13人。かなり多いですが、「W」「J」「S」「N」の4つのサブグループに分かれて活動している、という点がユニークです、AKB48の規模の小さいものをイメージすると分かりやすいかも。

特徴としては、韓国でのデビュー直後に中国でもデビューしたこと。これまでも中国人メンバーが参加しているグループはいくつもありましたが、日本デビューが優先されていて、中国でのデビューは遅めでした。

「宇宙少女」という名前は、「私たちが主人公の少女」という韓国語を短縮したもので、みんながそれぞれ輝けることを重視しているそうです。

「宇」「宙」「少」「女」の頭文字をとって、「WJSN」と表されています。少女時代を「SNSD」と呼ぶのと表記するのと同じ感じ。英語読みで「Cosmic Girls」と呼ばれることもあります。

 

宇宙少女の楽曲

2016年の『Secret』。現在ではK-POPに欠かせなくなっているラップパートがふんだんに盛り込まれています。

 

一方、2017年に公開された『KISS ME』は、むしろ2010年頃のK-POPスタイルに戻っている感じです。元気で、楽しそうで、ワクワクする。しっとり系のSISTARよりもTWICEに似ていますが、TWICEよりもさらに明るいですね。

関連記事:紅白出場でTTポーズが話題!TWICEをチェック!

 

宇宙少女のメンバー

宇宙少女のメンバー13人中、ソニ・ソンソ・ミギの3人が中国出身。

ソラ、ボナ、エクシ、スビン、ルダ、ダウォン、ウンソ、ヨルム、ダヨン、ヨンジュンの10人が韓国人です。中国の事務所との共同プロデュースにしては、ちょっと中国出身者が少ない気もします。

中国語バージョンの楽曲も公開されていないことから、Starshipがかなり優位で、楽華のコミット度合いは少ないのかもしれません。それに加えて、次のような事情もあるのかも。

 

 

外国からのメンバー

ネットでは、中国人メンバーのミギが脱退したのではないか、というウワサが何回も流れています。これは根拠のない話ではなくて、ミギを始めとする中国出身者があまりライブに出れなかったり、テレビ番組にも出演しなかったりすることがあるのだそう。

しかし、実は事情があって、ミギは映画『ステップ・アップ6』にキャストされていたため、2016年は忙しかったようです。他のメンバーについてはよく分かりませんが、似た事情の可能性があります。

2018年末に解散したMiss Aでは、中国出身のジアが帰国して歌手として活躍しています。外国人メンバーが出席しないライブがあっても、メンバー同士でケンカしているわけではなく、母国での活動を優先したいメンバーが出てくるから。

TWICEのサナ・モモ・ミナはそんな感じはしませんが、韓国で活躍して有名になり、帰国してから俳優・歌手として活動したい、と考えている人もいます。方法は人それぞれですし、いろいろなやり方があっていいのかな、と思います。

ということで、今後も宇宙少女、注目して見ていきたいですね。

 

参照→http://miner8.com/en/23193
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%B0%91%E5%A5%B3



カテゴリー: K-POP