このジジジ・ミュージック(K-POP)では、女性ユニットを取り上げることが多いですが、注目している男性ユニットもたくさんあります。ただ、男性ユニットはとても有名なユニットにはすでにファンサイトがあるし、ちょっとマイナーなユニットの情報は見つけづらいのです。

そういった事情から、男性ユニットの記事が少ない状態になっていたのですが、今回は、DAY6という男性ユニットについて詳しく紹介していきたいと思います。

DAY6は、バンドでその演奏力もかなりのもの。日本人メンバーはいないものの、すでに日本デビュー(イルデ)を果たしているユニットなので、ぜひ読んでください!
 

DAY6とは

DAY6は、2015年9月にデビューした韓国の男性ユニット。所属は、TWICEやGOT7をプロデュースしている名門のJYPエンターテインメントです。

「6」というだけあって、結成当初は6人で構成されていました。しかし、2016年2月にジュンヒョクが解雇され、現在は5人で活動しています。うわさレベルですが、ジュンヒョクの解雇理由は、交際禁止のルールに違反したことだとされており、K-POP業界の厳しさを感じさせます。

2018年2月に、『If〜また逢えたら』で日本デビューを果たしました。『If』は、読売テレビ・日テレ系のドラマの主題歌として制作されたもので、イルデとしては最高の滑り出しです。


 

DAY6のメンバー

ソンジン(Sungjin)

DAY6さん(@day6kilogram)がシェアした投稿

1993年生まれのソンジン。リーダーで、メインボーカリスト。本名は、パク(朴)・ソンジン。釜山生まれです。



ジェイ(Jae)

DAY6さん(@day6kilogram)がシェアした投稿

1992年生まれのジェイ。メインギタリストで、本名は、パク(朴)・ジェヒョン。アルゼンチン生まれで、大学卒業までアメリカで過ごした、韓国系アメリカ人です。
 

ヨンケイ(Young K)

DAY6さん(@day6kilogram)がシェアした投稿

メインラッパー、1993年生まれのYoung K。ソウル近くの生まれですが、5歳でカナダ・トロントに引っ越しました。

英語名はBrian Kang(姜)で、ファンからは「Brian」と呼ばれることの方が多いようです。
 

ウォンピル(Wonpil)

DAY6さん(@day6kilogram)がシェアした投稿

シンセイザー担当のウォンピル。本名はキム(金)・ウォンピル。1994年生まれで、グループの4D(良い意味で変わっている人)です。
 

ドウン(Dowoon)

DAY6さん(@day6kilogram)がシェアした投稿

1995年生まれ、ドラマーのドウン。本名は、ユン(尹)・ドウン。グループのマンネ(末っ子)です。



DAY6の人気曲

2015年のデビュー曲『Congraturations』。「おめでとう」という言葉に、悲しさと悔しさのにじむこの曲は、1800万回以上の再生を集めています。

2017年の『You were beauiful』。DAY6のメンバーも、女優さんも、すべてが美しいMVになっています。

ただ、別れた彼氏から、付き合っていた頃の映像を送られたら、ちょっと怖いかも(笑)。

日本デビュー後も、2018年6月には日本語曲『Stop The Rain』を公開しています。

DAY6の日本語曲がきっかけで、ハマった海外のファンも多いよう。韓国語も素敵ですが、日本語の美しさをK-POPを通じて知ってくれる人がいるのは、嬉しいことですね。

参照→http://kprofiles.com/day6-members-profile/

トップ画像→Studio Ease(Unsplashから)



カテゴリー: K-POP