韓国の音楽って女性・男性を問わず、アイドルグループのイメージがありましたよね。このブログでも、KARASISTARなど人気のアイドルグループを取り上げてきました。

しかし、最近ではその他のジャンルも注目されています。そんな新しい韓国音楽を代表する1人が、来日公演によって日本でも知名度が高まりつつあるDJ SODA

이번주는 호주로 떠나용~🇦🇺 SODA #AUSTRALIA TOUR SCHEDULE😍😘😍😘

Dj Soda Official 🇰🇷さん(@deejaysoda)がシェアした投稿 –

 

DJ SODAってどんな人?

DJ SODAは韓国人の女性DJで、本名はHwang(黄) Sohee生年月日は非公開です。

「SODA」というのは弾けるような若々しいイメージですが、実はこれは韓国語をかけているとのこと。

「Hwang Sohee」の「hee」を「da」に置き換えると、「Hwang soda」で「オスの牛」(The bull)という意味になるそう。そういう理由で、牛の角をトレードマークとして使っています

詳しいプロフィールは不明ですが、DJ SODAは、もともと演劇の道を目指していたそう。しかし、ヒップホップが人の心を癒す力を持っていると感じ、2012年に大学を中退し、DJの道を歩み始めたようです。

「EDMが流行していて人気なのは知っていたけど、私はヒップホップやトラップをメインでプレイしています」とDJ SODA本人が語っているように、実際のプレイではとても重い、どちらかというと古い曲を繋げています。

DJ SODAは、祖国韓国ではもちろんですが、特に東南アジアで根強い人気を誇っています。最近では日本や台湾での公演も盛んですが、韓国以上に多いのではないかというくらい、東南アジアツアーを敢行しています。

観光もしていて、その様子をYoutubeやインスタグラムで公開しているので、チェックしてみてください!

❄️

Dj Soda Official 🇰🇷さん(@deejaysoda)がシェアした投稿 –

関連記事:必見! DJ SODAのチマチョゴリがめちゃくちゃかわいくて困る




 

整形なのか

「DJ SODA」と検索して最初に登場するのが、「整形」のサジェスト。実は、高校の卒業アルバムが公開されていて、当時からだいぶん顔が変わっていると話題になっているようです。

ただ、DJ SODAは、かなり化粧を念入りにやっているようですし、髪を染めると顔のイメージがかなり変わるので、そんなにガッツリ整形している感じはしないです。

また、韓国では整形に対してそれほどマイナスイメージがなくて、芸能人でない一般人でも整形手術を受けている人はそれなりにいる模様。そういった文化の違いを考えると、整形しているかどうかそれほど気にする必要もない気がします。個人の好みの問題ですが。。。

 

DJ SODAのプレイ

DJ SODAは楽曲制作よりもプレイでのリミックスをメインにしているDJなので、オリジナル曲は非常に少ないです。しかし、公演映像を見ているだけでも楽しいので、いくつか紹介していきます。

私がDJ SODAにハマるきっかけとなったPVです。バンコクで行われた韓国音楽のイベントで、数万人近い観客の前でプレイしている様子をみて、こんなDJがいるのか、と知りました。

 

リッチさとキュートさが詰まったPV。DJ SODAが香港でキティーのパーカーを買ったり、高級クラブでDJをしてフロアを沸かせたりする様子が収められています。

DJ SODAは、たびたび来日して日本ツアーを敢行しているので、ぜひぜひチェックしてみてください!

このPVでは、DJ SODAがミャンマーのパゴタ(仏教寺院)を訪れる様子が収められています。途中に流れているMAKJ(アメリカの、プロレーサー出身のDJ)のリミックスも素敵ですが、前半と後半のINZOのリミックスが最高です。

DJ SODAのツアー動画は、DJ SODAとクルーの日常的な風景をそのまま映している場面もあります。「Fxxk You!」「Shut Up!」とついつい言ってしまうDJ SODAちゃん。そんなところからも、自分を偽らない性格の良さが感じられます。

 

上は、先日の記事でご紹介したSITARの曲を、DJ SODAがマッシュアップした動画です。

 

DJ SODAは、抜群のスタイルでも知られており、多くのブランドのモデルに起用されています。最近、インフルエンサーマーケティングが盛んになってきていますが、DJ SODAは、ジャケット、シューズ、キャップ、メントスまで様々なアパレルや商品の宣伝を行なっています。




 

DJ SODAの語る音楽人生

今では大人気のDJ SODAも下積み時代はありました。DJを始めたばかりの頃は、弘大や梨泰院の小さなクラブでプレイしていたそう。しかし、だんだん人気が出てきて、江南のクラブでプレイできるようになりました。

いつでもヒップホップのことを考えているそうで、ファッションもヒップホップに合うようなストリートファッションが好きだと語っています。

ナイキのJordanブランドの靴を履いて、ストリートウェアを着て、レギンスを履くのが、お決まりのファッション。この服装で、DJしながらクルクル回ると、自分が「ヒップホップの女王」のように思えるそうです。

好きなブランドとして、韓国で大人気のSupremeと並んで、BAPEとUNDEFEATEDを挙げています。

 

最近のDJ SODA

DJ SODA、最近は、オリジナルの曲の制作にも取り組んでいるようです。DJ MAGの投票を呼びかけるMVでは、オリジナル曲『Stay Sweet』を披露しました。

このDJ SODAの楽曲は、あの天下の自動車メーカー・トヨタのプロモーションビデオでも使われています

最近では、オランダのDJ・DOLFとコラボレーションして、『If I Die』をリリース。

今後も活躍から目が離せないDJ SODA。日本と韓国の文化交流がさらに進んでいくと良いですね!

関連記事:BLACKPINKをよく知らない? 若い世代の間で圧倒的な人気を集める韓国のアイドルグループBLACKPINKのメンバーと代表曲をチェックしよう!

関連記事:DJ SODAがおすすめする美容法とは!可愛すぎるDJの美の魅力に迫ろう!

→K-POPメインページに戻る

参照:DJ SODAプロフィール(IT’S THE SHIPより)→http://www.itstheship.com/getting-to-know-its2015s-dj-soda/

https://hypebae.com/2017/1/dj-soda-interview



カテゴリー: K-POPアーティスト