Podcastをフル活用すべし!

EDMはクラブだけではなく、自宅や通勤途中にも楽しみたいもの。しかし、なかなかCDを買うのも楽曲をダウンロードするのもお金がかかって大変速度制限が怖いから、YoutubeやSpotifyで聴くのも。。。

という悩みを持っている人はいませんか? そんな人にオススメの方法をお伝えしましょう!

それは、Podcastをダウンロードすること!  iPhoneやiPodを持っている人なら、カンタンにiTunesからダウンロードできますし、Androidユーザーも、Podcast & Radio Addict (https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bambuna.podcastaddict&hl=ja) などから聴けるので、とても便利。

Podcastを使う利点は3つ!

①家でWi-Fiを使ってダウンロードすれば、毎月のパケットの節約になる

②世界の有名DJが独自のセンスで作ったプレイリストを楽しめる

③聴き終わったら、消去されるので、容量を取らない

これだけ便利なのに使わない手はない。 ということで、今回の記事ではオススメのPodcastをご紹介していきたいと思います!

 

Hardwell On Air

https://itunes.apple.com/jp/podcast/hardwell-on-air-official-podcast/id559788668?mt=2

世界を踊らせ続ける、最強のオランダ人DJ・Hardwellが、重厚なハーモニーの楽曲を組み合わせて届けてくれる必聴のPodcast。

これさえあれば、Hardwellの最新シングルをチェックし漏らすことはありません。

Hardwellさん(@hardwell)がシェアした投稿

Hardwellの楽曲の中でイチオシは、『Survivors』。同じくオランダ人のDJ・Dannicと一緒に作った楽曲ですが、複雑な音の重なり、思わず体を動かしてしまうのがHardwellの楽曲の強み。

 

CLUBLIFE

https://itunes.apple.com/jp/podcast/clublife-by-ti%C3%ABsto/id251507798?mt=2

同じくオランダ出身で、アテネオリンピックの入場テーマを手がけた、クラブミュージックの大御所・TiestoによるPodcast。自身の曲に加え、それほど知名度の高くないDJたちの楽曲まで広く網羅しています。

なんとHardwellとTiestoは、生まれた街まで一緒(北ブラバント州ブレダ)です。なんたる奇跡。

When in Tokyo

Tiëstoさん(@tiesto)がシェアした投稿 –

今年2017年に、突然発表されたのが『On My Way』。 Tiestoの誕生日パーティーの様子が映っていて、また1つ歳を重ねて、音楽への思いを新たにしている気持ちが感じられます。

なんと、Tiestoの誕生日会には、あのヒカキンさんとセイキンさんも招待された模様。セイキンさんがちょっとノレてないのが、またいいですね。

 

No Xcuses

https://itunes.apple.com/us/podcast/edxs-no-xcuses-podcast/id441403332?mt=2

すでにジジジでも取り上げた、スイスのDJ・EDXが贈るPodcast。 彼独特のハウススタイルが感じ取れる、心地よいリミックスです。

Fall in full effect! Shall I get a new haircut? 😌

EDX p/k/a Maurizio Colellaさん(@edxmusic)がシェアした投稿 –

渋い。そんなEDXの中でも、イチオシはオランダの若手DJ・Sam Feldtの『Show Me Love』のリミックスでしょうか。

EDXについてもっと詳しい情報はこちら!

 

A State Of Trance

https://itunes.apple.com/jp/podcast/a-state-of-trance-official-podcast/id260190086?mt=2

実際にオランダ国王の前でDJプレイを奉納したことがある、トランスの王者Armin Van Buurenが贈るトランスぎっしりのPodcast。

他のDJのPodcastが1時間くらいと長いのに対し、Armin Van Buurenは最新のトランスを15分程度に凝縮し、毎週届けてくれます。Youtubeでは、2時間くらいあるフルバージョンも公開しているので、Podcastで聴き足りない時は、ぜひそちらで。

Goosebumps!!! #3

Armin van Buurenさん(@arminvanbuuren)がシェアした投稿 –

EDMの祭典Tomorrowlandなどに参加しつつ、Armin Van Buuren自身はEDMの主流であるハウスに流れることなく、伝統的なトランスを改良する形で活躍を続けてきました。(このサイト、ジジジ・ミュージックでは、ハードスタイルやトランスもEDMに含めています)

しかし、最近では同じくクラブミュージックでは古参のTiestoが、最新のトレンドに敏感なのに似て、かなり穏やかな楽曲も作るようになっています

Armin Van Buurenが、パキスタン系アメリカ人のシンガー・Nadia Aliをボーカルに迎えて作ったのが、この『Feel So Good』。 Armin Van Buurenの男前さがよく分かりますね。

 

Mike Williams On Track

https://itunes.apple.com/jp/podcast/mike-williams-on-track/id1195043106?mt=2

1996年、オランダ出身のDJ・Mike Williams。 Tiesto・Armin Van Buurenなどのオランダ・クラブミュージックの第1世代、HardwellやAfrojack・Jay Hardwayなどの第2世代を引き継ぐ、第3世代(代表格はMartin Garrix)の一員として、期待を集めています

📸 by @jvdlphoto @globalstyling @ariannevanbelzen

Mike Williamsさん(@mikewilliamsdj)がシェアした投稿 –

そんなMike Williamsが最近リリースしたのが、この『Melody』。 タイ・プーケット島の美しい自然やビーチを楽しむ様子、ライブでフロアを沸かせる様子が収められています。

まだ、21歳。今後のますますの活躍が期待されています。

 

AVICII FM

https://itunes.apple.com/jp/podcast/avicii-fm/id445221220?mt=2
これだけは聴け、これだけは、って何個聴かせる気やねん、と思った方、ホントにこれで終わりです。 最後はスウェーデン出身、EDMのヒーロー・AviciiのPodcast。

Aviciiは昨年活動休止を発表したものの、その後も毎月Podcastを更新し続けていたので、じきにまた活動再開するんじゃないの、と思っていました。

👋

Aviciiさん(@avicii)がシェアした投稿 –

そうしたら、今年の秋に配信限定のアルバムをリリースして話題に。 Aviciiの新曲に加え、ちょっとマイナーなDJたちの楽曲を紹介してくれているので、EDM全体への関心が高くなるようなPodcastに仕上がっています。

最後は、あのマドンナの楽曲『Girl Gone Wild』のリミックスで締めましょう!

Aviciiの詳しいプロフィール、エナドリのburnとコラボした曲はこちらでチェック!

参照→http://hardwell.jp/profile/
http://www.iloud.jp/trance/tiesto/profile/tiesto_2.php
https://www.famousbirthdays.com/people/nadia-ali.html