2018年9月に正式デビュー予定の、韓国の女性ユニットが急速に注目を集めている。まだ、デビューを果たしていないのに、これはどうしたことだろうか。

K-POPファンの間で話題になっているのは、「公園少女」。Kiwiメディアグループのサブレーベル「Kiwi Pop」がプロデュースする7人組のガールズユニットだ。
 

공원소녀 GWSNさん(@kiwipop_gwsn)がシェアした投稿

公園少女を韓国語で発音すると、「コンウォンソニョ」。頭文字をとって「GWSN」と呼ばれている。「SNSD」(少女時代)などと同じ呼び方だ。

さて、そんな公園少女の中でもひときわ視線が集まっているのが、「MIYA」というメンバーだ。MIYAは、日本人で本名は「ミヤウチ・ミホ」とされている。

しかし、ただ日本人だから話題になっているのではない。シルバーのショートカットや服の着こなしが、「カッコよすぎる」のだ。そして、それだけではない。

上の動画では、公園少女のメンバーたちが、防弾少年団(BTS)の『DNA』と、BLACKPINKの『Whistie』をダンスカバーしている。

冒頭からセンターを占めているのが、MIYAだ。映像の中でもソロダンスを披露し、そのスキルの高さを見せつけている。

公園少女は、すでにデビューアルバムを準備している。9月の正式デビューが待ちきれない!

参照→https://kprofiles.com/gwsn-profile/

トップ画像→Keenan Constance(Unsplashから)



カテゴリー: K-POP音楽ニュース