メンバーが2人脱退し、6人ユニットとなってしまった少女時代。実は、早くも2014年に少女時代を脱退していた人がいます。それは、ジェシカ。

自らの事務所を立ち上げ、ブランドをプロデュースしているジェシカの現在に迫ります。

ジェシカとは

ジェシカは、1989年、サンフランシスコ生まれの韓国系アメリカ人。11歳の時、韓国を旅行中に、ショッピングモールでSMエンターテインメントにスカウトされました。

この時、ジェシカと一緒にいた妹のスカウトされますが、これがf(x)のクリスタル。

スカウトされたのが2000年なので、少女時代の最初のメンバーということになります。7年間のトレーニングを経て、2007年に少女時代の一員としてデビュー。

少女時代に所属しつつも、独立心が強く、グループ外のメンバーとのデュオ、ミュージカルやドラマへの出演を繰り返します。

2014年には、「BLANC」という自身のファッションブランドを立ち上げ、世界60店舗を展開。さらに、妹のクリスタルと一緒にテレビショーを始め、SMの逆鱗に触れてしまったようです。2014年9月に、追い出される形で少女時代を去りました。

A little bit of magic from Hakodate❄️✨

Jessica Jungさん(@jessica.syj)がシェアした投稿 –

関連記事:K-POPの王道といったら少女時代?!伝説的ユニットをザックリ振り返ろう。




 

少女時代を去った後のジェシカ

一旦は活動が減ったジェシカですが、2015年から、中国のドラマへの出演を始めます。中国のスイミングショーへの出演も果たすなど、活動の中心を中国に移しました。

また、2015年にはSMを退社。同時に、同じ韓国系アメリカ人の友人で、恋人でもある、タイラー・クウォン氏が立ち上げたコリデル・エンターテインメントに所属することになりました。

芸能人や歌手が立ち上げたファッションブランドは、だいたい長続きしないものなのですが、BLANC&ECLAREは、現在も数多くの店舗を構えています。ソウルにも店舗はありますが、ほとんどは中国の上海や香港など。タイにも数店舗展開しており、ジェシカのビジネスマンセンスを感じます。

また、ジェシカのインスタグラムはフォロワーが690万人を超えています。

少女時代でいちばんフォロワーが多いと思われるソヒョンのフォロワーが、470万人であることを考えると、かなり多いといえます。

このインフルエンサーとしての力を生かし、ブルガリや資生堂のモデルとしても活躍。フォーブズ誌が発表した「世界で影響力の強い30歳以下の女性30人」に選ばれるなど、ファッションを追いかける人にはジェシカの活躍は見逃せなくなっています。

Wonderful #codecoco launch last night. The #chanel look is now complete✨

Jessica Jungさん(@jessica.syj)がシェアした投稿 –

 

歌手としての現在のジェシカ

このように、実業家・モデルとして才能を発揮しているジェシカですが、楽曲のリリースもしっかりやっています。

コリデル移籍後最初にリリースした『FLY』は、アメリカのラッパーFabolousを迎えた楽曲。

そして、2017年夏にリリースした『SUMMER STORM』。MVも歌もタイトルとは裏腹な、しっとりとした曲です。




 

ジェシカ、少女時代とJYPについて語る

さて、少女時代を脱退したジェシカは、現在少女時代についてどう思っているのでしょうか。

Kstyleの記事によると、ジェシカは今でも少女時代の経験を大切に思っているのだそう。2000年に韓国でスカウトされてから、2014年に脱退するまで、JYPと少女時代はジェシカが人生の半分を過ごした場所でした。

一方、JYPを退社したことについては、後悔していないとのこと。1人でやる方がうまくできる、と考えたそうです。その決断が、結果として現在の活躍に繋がっています。

突然、少女時代を脱退したことについて、ネットで悪口を書かれたこともありますが、釈明する気はないし、誤解はいずれ溶けると思っているとも語っています。

また、パートナーのタイラー・クウォン氏と恋人であることを明らかにした上で、「結婚しているのか?」という記者の突っ込んだ質問には、明言を避けています。

 

コリデル・エンターテインメントのPlayback

さて、ジェシカが所属しているコリデル・エンターテインメントですが、ここには「Playback」という5人組アイドルグループが所属しています。

Playbackのデビューは2015年で、ジェシカの移籍よりも先なのですが、ほとんど活動できていませんでした。コリデルのホームページでも全面でジェシカがアピールされていました。

こうした状態を打開するため、YGエンターテインメントが主催する「Mix Nine」という番組に出演。メンバーは久しぶりに激しいトレーニングに励んだのだそう。『Want You To Say』という新曲もリリースしています。

爆発的なヒットはできなかったものの、視聴者から高い評価を獲得しているPlayback。

YGも、もともとは歌手をしていたプロデューサーが立ち上げた事務所。ジェシカとKwon氏が一緒に、韓国を代表するような事務所を作り上げていくのかもしれませんね!

関連記事:2018年一発目の大ヒット!K-POPユニットMOMOLANDをチェック!

 

参照→https://en.wikipedia.org/wiki/Jessica_Jung
https://en.wikipedia.org/wiki/Playback_(South_Korean_band)
https://blancgroup.com/pages/locations

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2044984



カテゴリー: K-POP