アイドルについて調べていると、「×× 性格」「〇〇 整形」「▲▲ タバコ」といったようなサジェストが出てきます。

昔から、アイドルは表ではかわいいけど、楽屋に入ったら、スタッフを怒鳴りながら、タバコを吸って、金が貯まったら整形をする、みたいな暗いイメージがありました。実際、性格が悪いと言われていたり、整形しているのが素人目にも分かったりするアイドルもいます。

アイドルファンは、推しの性格や、整形の有無を気にするのだろうか? ということで、今回の記事を書くにあたって、当サイトのTwitterのアカウントを使って、カンタンなアンケートを実施してみました!

 

性格・整形についてアンケート実施!

選択肢はカンタン。性格も整形もどちらも気にする人、性格は気にするけど整形は気にしない人、整形は気にするけど性格は気にしない人、性格も整形も気にしない人、の4パターンです。

回答は12票しか集まらず、しっかりしたデータとして統計をまとめることはできませんが、半分くらいの人が整形も性格も気にしていないこと、整形か性格かいずれかを気にしている人が、それぞれ4分の1くらいずついることが分かりました。

性格や整形は個人の自由だから、どちらも気にしないのが正しい、と思う方もいるかもしれませんし、私自身もその考えに近いのですが、実は最近、整形に対する視線は厳しいものがあります。

今回の記事では、韓国の事情について、整形に対して寄せられる批判を、2つご紹介します!

(Sponsored by SNOW)

整形は外見偏重になってしまう!

韓国・ソウルの地下鉄では、2022年までに、整形の広告を貼ることが全面的に禁止されることになりました。先日、ソウルに行った際には、まだかなり整形のポスターが張っていましたので、かなり広告料が減ってしまうと思いますが、それくらい思い切った決断です。

この措置の背景には、顔がかわいい、胸が大きいことが女性のすべてという考え方を促進してしまう、女性差別を促進してしまう、という批判があったようです。現在では、男性による女性差別だけでなく、見た目が優れている女性による、そうでない女性への差別、というのも問題になります。

韓国では、これまで女性の整形はタブーでないどころか、積極的に勧められるものですらありました。日本の芸能人でも、日本のクリニックではなく、より技術の高い韓国での手術を望む人が多かったようです。

しかし、最近ではありのままの姿がいちばん美しい、顔以外にも人の魅力はあるのだから、それにこだわる必要はない、という考え方が一般的です。その点で、整形大国・韓国で行われたこの改善は、大きな意味を持ちます。

(釜山行きたいんだよね。。。でも、お金とお仕事。。。)

 

整形の後遺症がヤバい!

顔の整形の場合、基本的には鼻筋に埋め込みをして鼻を高くする、鼻の根元にヒアルロン酸を打ち込んで鼻を高く見せる、アゴに詰め物をして顔の形を良くする、ということをやるようです。

カンタンそうに聞こえますが、これがけっこう時間もかかるし、顔にメスを入れるということで医師にとってもプレッシャーのかかる、難しい手術になるのだそう。これに加えてもちろん整形手術には保険が効かないので、お値段がかなりかさみます。

しかし、完璧な手術をしたつもりでも、老化するとだんだん埋め込んだパーツが顔の形と合わなくなってきます。これは避けられなくて、70歳になっても80歳になっても美しくいられるわけではないです。

手術を受けたのが安いクリニックだったりして、それほど技術のない医師に執刀してもらった場合、手術が失敗する可能性もあります。そうしたら、元の顔に戻ることはほぼ不可能です。





 

MOMOLANDのジュイが整形を告白

2018年第一弾のMCOUNT DOWNで1位を獲得した、MOMOLAND。そのMOMOLANDのジュイが、2017年末、整形を受けていたことをテレビで告白しました。

ジュイは高校1年生の時、鼻を高くする整形手術を受けたそうです。しかし、自分の思っていた理想の姿にはなれなかったそうです。

MOMOLANDのオーディションを受けるときには、整形のことを正直に言ったら落とされてしまう、と思って、黙っていたとのこと。

ネットでは、以前から整形前のジュイの写真が出回り、「整形前の方が可愛かった」というコメントも寄せられていました。この一件からも分かる通り、整形手術を受けても理想通りの姿になれるとは限りません。

韓国では、アイドルが自分の整形について告白することは、まずありえないことでした。しかし、ジュイの告白はバッシングを受けることもなく、かえってMOMOLANDの人気上昇に役立っているようです。
 

整形が悪いことなの?

しかし、そもそもなぜ韓国人、そして日本の芸能人が整形をするようになったのでしょうか?

それには、欧米の価値観が戦後に急速に持ち込まれてきたことがあります。欧米で長い間、理想とされてきたような、胸が大きくて背がスラっとしていて、美人が、女性のあるべき姿として韓国でも日本でも受け入れられてしまいました。

ところが、韓国人も日本人も民族的には似ていて、一般的には黒髪で、まぶたは一重が多く、ほっぺたが大きいんですよね。身長など欧米のマネが出きないところはありますが、マネできるところはしたい、と思うのは当然だと思います。

韓国の整形技術が発達したのは、そして日本人が韓国に渡って整形を受けたいと望むのは、欧米であるべき姿とされてきた女性像に近づくためではないでしょうか?

それを欧米の人たちが批判し、ありのままでいいよ、というのはあまりにも冷たいし、身勝手だという気がします。高いお金をかけて整形をしたら、海外のブロンド美女に「整形をするなんて、女性差別的だ」、と言われたら、ちょっとツラいものがあると思います。

男性についても、戦後にはムキムキで背の高い欧米の男性像が理想とされていました。しかし、この男性像は最近では薄れ、「女性っぽい男性」「女子力の高い男性」(この言い方がすでにアウトな感じもする)がひとつの理想像になっています。

(ピョンチャン・オリンピックの公式インスタアカウント、AOAとかDJ G-PARKとか使ってみてはいるんだけど、あんまりファンからレスポンスもらえてない。この使いこなせてない感じ、お役所のアカウントっぽさがあって好き)

整形する権利

人によって、価値観はいろいろあってもよいのではないでしょうか? 男性や他の女性が押し付けるのではなく、女性本人が整形をして美人になりたい、と思うなら、それを止める権利は誰にもない気がします。

そう考えると、アイドルの整形に対して多少は寛容になれると思います。

ただ、整形手術に失敗したり、時間が経って後遺症が出てきても、誰も責任を取れません。

手術をした医師を探し出して、文句を言えば、謝ってくれたり、賠償してくれるかもしれませんが、だからと言って後遺症がなくなるわけではありません。外見至上主義なんて良くないし、整形失敗してもしょうがないよね、とカンタンに切り替えられるくらいなら、はじめから整形手術を受けませんよね。

あくまでも自分の責任で、考えることをオススメします。

 

友だちが整形していたら許せない、と思う人は、上の動画を見てみてください。アイドルではない、日本人女子と韓国人男子のYoutubeチャンネルなんですが、日本に住んでいる女性と一緒に、整形をした経験を話しています。

それでも、整形は絶対ダメ、と思うのも、もちろん自由ですよね。エラそうに言っている私も正直、自分の彼女が整形していたら悲しくなると思います。そこが難しいところですよね。

関連記事:K-POPの全記事を一気にチェックするなら、こちら!

 

参照→http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/11/27/0800000000AJP20171127002800882.HTML



カテゴリー: K-POP音楽ニュース