このジジジを立ち上げたばかりの頃、取り上げたのが、SISTARです。KARAや少女時代などの、老若男女に愛される音楽とは少し違った、大人向けの音楽に注目しました。

SISTARは2017年に解散してしまいましたが、その元メンバーたちは個性豊かなソロ活動を続けています。今回の記事では、そんな1人、ソユ(SOYOU)を取り上げます。

ソユ(SOYOU)ってどんな人? プロフィール

ソユは、本名カン・ジヒョン。1992年に、済州島(チェジュ特別自治道)に生まれました。

済州島は、韓国南部に浮かぶ島で、人口60万人。ハワイのように自然豊かで、本土と比べて気候が暖かいので、リゾート地として日本人にも人気が高い場所です。

美容師の資格を持ち、デビューするまではサロンで働いていたそうです。

Cube(キューブ)エンターテインメントに所属していましたが、2009年にデビューした4Minuteに参加できず、退社。Starship(スターシップ)エンターテインメントに転籍し、2010年にSISTARの一員としてデビューを果たしました。

K-POPアイドルの常として、SISTARデビュー直後からソロ活動も開始。2010年の『Playful Kiss』(「イタズラなKiss」の韓国バージョン)のOSTを担当しました。

2013年には、ラッパーのMad CrownとStupid Loveというデュオを結成。

2017年にSISTARが解散したのちもStarshipに在籍を続け、ソロ歌手として活動を続けています。

ソユのソロ人気曲

それでは、さっそくソユのソロ人気曲を紹介していきます。

「ソロ」とはいうものの、ソユは多くのアーティストと一緒に楽曲をリリースしていることに注目!しかし、ソユ自身の人気の高さが多くの再生を集めています。

2014年の『Some』では、同じくStarship所属のJunggiGoとコラボ。JunggiGoはあまり有名なアーティストとは言えませんが、2人の掛け合いが美しく仕上がっています。

同じく2014年には、Park Soonilとコラボし、『The Space Between』を公開。途中では、ちょっとした喜劇も挟まれているので、楽しんで見ることができますね。

2017年には、EXOのベクヒョンとのコラボ曲『RAIN』を公開。かなり豪華なコラボですね!

同じく2017年12月には、ソロ曲『The Night』も公開。SISTAR解散後も、積極的に音楽活動に励んでいる様子がうかがわれます。



ソユのインスタ

ソユ個人のインスタグラムは、フォロワーが110万人を超えています。

@soooo_youがシェアした投稿

フィルムで撮ったようなイメージの自撮り。

@soooo_youがシェアした投稿

有名ファッション雑誌『ELLE』を飾った写真。済州島出身だということも関係あるのか、海とフィットしています。

もうちょっとセクシーな画像もあったのですが、そちらには「骨が見えてる。痩せすぎだよ。」というコメントも見られました。もうちょっと食べて欲しいですね。

단란한 찌쯔따❤️

@ soooo_youがシェアした投稿 –

もうちょっと遡ると、SISTARの解散。有名ユニットの解散は悲しいですが、長く活動していると、どうしても避けられないことです。

K-POPには、「7年のジンクス」と呼ばれるものがあり、デビューから7年が経つと多くのユニットが解散してしまったり、実質的に活動休止してしまうという現象が起こります。もっと短い活動で解散してしまうユニットもあれば、メンバーを入れ替えながらもっと長く活躍できるユニットもいますが、だいたいはこのルールに沿っています。

しかし、日本のアイドルユニットでは、あまり当てはまりません。それは、メンバー個人のソロ活動がK-POPほど盛んではないこと(グループから独立しようという気持ちになりにくい)、そして、メンバーを定期的に卒業させ、若いメンバーを参加させていること(メンバーの対立・マンネリ化を減らせる)、が関係していると思われます。

いかがでしたか。ぜひ、SISTARの記事もチェックしてみてください!

関連記事:ちょっと大人なユニットSISTARとは?2017年に解散して人気ユニットの記事は、ここをクリック!

参照→https://en.wikipedia.org/wiki/Soyou
https://en.wikipedia.org/wiki/Junggigo

トップ画像→Aaron Kato(Unsplashから)



カテゴリー: K-POPアーティスト