アメリカのDJと言ったら、やっぱりSteve Aoki(スティーブ・アオキ)! 世界的な人気を博しているDJですが、いったいどんな人物なのでしょうか?

今回の記事では、スティーブ・アオキのプロフィールとオススメしたい曲をまとめていきます!

スティーブ・アオキは日系アメリカ人

スティーブ・アオキは、レストランチェーン『紅花』(今でも日本橋にお店があります!)の経営者の1人であり、アメリカにチェーンを展開するために渡米したロッキー・アオキ(青木廣彰)の息子として、フロリダ州マイアミに生まれました

母親は違うものの、『シン・シティ』『ワイルド・スピード』に出演した俳優・デヴォン・アオキは、スティーブ・アオキの妹に当たります。

2007年に初めてのミックスCDをリリース、その後TiestoなどのDJたちはもちろん、リンキン・パークなどの優れたアーティストと一緒に音楽を作り上げてきました

スティーブ・アオキのオススメ曲

めちゃくちゃインパクトが強いのが、この『No Beef』! オランダのDJ・Afrojackとコラボレーションしたこの曲では、人間の声をミックスしたような、頭から離れないスゴイ一曲になっています。ただ、美メロ系が好きな人には、ちょっとキツいかもしれません。

これなんかはちょっとマニアックかも?! スティーブ・アオキがオーストラリアの双子姉妹のDJ・NERVO、オランダのDJ・Tony Juniorとコラボした『Lightning Strikes』は、重厚で強い音に象徴されます。

鋭い低音がうまく使われ、トランスじゃないけどトランス状態になってしまうのが、この『Supernova』。 Lil Jonはアメリカのラッパーで、スティーブ・アオキとは、『Turbulence』でも一緒に作業しています。パワーがスゴイよ。。。

Supernova』に似ているのが、オランダのDJ・Headhunerzとコラボレーションした『The Power of Now』。
このMVのバージョンでは、バイク・サマースポーツ・スカイダイビングなど、パワーを感じさせるようなスポーツがいろいろ登場! 最後に、警官とガンバトルする強盗が登場するのですが、これもパワーといえばパワーではありますね。。。

(ホワイトになっちゃっているかもしれませんが、クリックすると聴けます。。。)
この『Heaven On Earth』は、それほど有名ではないけど、ライブではよく使われている感じがします。とにかく、MVが美しいし、ところどころに刻まれるノイズが心地良いですね。スティーブ・アオキは、スタイルを固定せず、みんなが楽しめるメロディー作りに専念しています。
歌っているSherry St.Germainにシンクロして、思わずヘドバンしてしまいたくなります!

The face u make when u experience floating on water for the first time. @kai_lenny #foiling

Steve Aokiさん(@steveaoki)がシェアした投稿 –

スティーブ・アオキの最新の曲

これは、スティーブ・アオキがコロンビアのアーティスト・J Balvinの曲をリミックスしたもの。ハロウィンだからなのか、サムネからおどろおどろしい感じになっています。

スティーブ・アオキの詳しい情報はこちら! Headhunterzの紹介も!

参照→https://www.allmusic.com/artist/steve-aoki-mn0001356210/biography