今、ティーンに大人気のライブ配信アプリ「17 Live」(イチナナ)。2018年、最も流行っているライブアプリといっても過言ではありません。

「かわいい子の配信が見れるって聞いたんだけど!」「私、かわいいから配信やってみたい!」などきっかけはなんでもOK。

この記事では、そんな「17 Live」(イチナナ)について詳しく紹介していきますよ!

まずは、下の5秒の動画をチェックしてくださいね。

 かわいい・カッコいい配信者がいっぱい!ここをクリックして、今すぐ無料で視聴しよう。 

今、17 Live(以下、イチナナ)を押す理由は、ズバリ4つ。

1. 世界9ヶ国(地域)で、4000万ダウンロードされている!

2. Instagram、Tik Tokに続く新世代SNS

3. 365日いつでも無料!

4. イチナナでヒットすれば、有名になれるかも

 

まずは、1から。イチナナは、もともとは台湾発ですが、現在では世界9地域でサービス開始しています。

具体的には、台湾、日本、香港、韓国、シンガポール、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシアです。

このブログでは、K-POPをメインに扱っているので、韓国の17 Liver(イチナナライバー)をご紹介しましょう。

17 LiverのSOYOUN(ソヨン)さん。韓国人ですが、大人びた美しさが日本で人気を集め、日本のイチナナのCMでも活躍しています。
 
次は、2です。

イチナナは、2017年9月に日本上陸を果たし、今月でサービス開始から1年を迎えました! この1年で登録者数はウナギ登り。

まだ、DL数では中国発のTik Tok(ティックトック)の方が多いと思われますが、特に女子中高生の間では知らない人のいないアプリとなっています。

今イチナナを始めたら、「いい波のってんね〜!」という感じ(?)。

 かわいい・カッコいい配信者がいっぱい!ここをクリックして、今すぐ無料で視聴しよう。 

10 Liveの楽しみ方(公式サイトから)
17 Live(イチナナ)の楽しみ方(公式サイトから)

そして、その3。

イチナナはライブ配信アプリで、時間の制限はありません。イチナナライバーが配信している限り、いつでも無料で視聴可能です。

昔のニコニコ動画では、無料会員は視聴者が増えてくると追い出されてしまうというルールがあったのですが、イチナナにはそんなものはありません! いつでも無料で視聴できます。

では、「イチナナを運営している会社や、イチナナライバーはどうやってお金を稼いでいるの?」というのが、次の4。

ここで、息抜きにもう一度、イチナナの動画をチェック! 動画をクリックで、すぐにダウンロードできますよ。

イチナナはもちろん無料で楽しめるのですが、課金することもできます。「投げ銭」という言葉を聞いたことがあると思いますが、ファンは好きなライバーに、好きな金額のお金をプレゼントすることができます。

もらった「投げ銭」は、イチナナの運営会社とライバーで分けるので、すべてもらうことはできませんが、有名なライバーになればしっかりした収益をもらうことができるようになる可能性もあります。

また、イチナナのアプリの中では定期的にイベントが開かれて、人気になったイチナナライバーには、CMに登場したり、Abema TVの番組に出演するチャンスがもらえることもあります。

この「ゆうあ」(YUA)さんのように、アプリの画面を飾る有名人になることもできるかも。

 かわいい・カッコいい配信者はキミかも!ここをクリックして、今すぐ無料で始めよう。 

また、こうした夢を持ったライバーがたくさんいるので、視聴者も飽きることなくイチナナを楽しむことができます。

海外のライブを見てみたい人にも、イチナナはオススメ。特に、台湾や香港でイチナナは盛んなので中国語(広東語?)の勉強にもなりそうです。

いかがでしたか? 配信する側も、見る側も楽しい17 Live(イチナナ)。登録には、2つの方法があります。

1つは、スマホの電話番号で認証して始める方法。

2つ目は、ツイッター(Twitter)のアカウントを使ってログインする方法。

どちらも簡単なので、ぜひやってみてください。

 かわいい・カッコいい配信者はキミかも!ここをクリックして、今すぐ無料で始めよう。 

以上、17 Live(イチナナ)の紹介でした! このサイトでは、K-POPのニュースをいろいろ紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

顔出しで配信をすることにはリスクがあります。名前や学校を特定されてしまったり、熱心なファンにネット上やリアルでストーカーされる危険性があります。また、過度に性的な配信や出会い目的の配信は禁止されています。さらに、この記事は17 Liveで配信を始めた場合に有名になれることを保証するものではありません。これらの問題を認識した上で、配信にチャレンジしてみてください。

このページに掲載している情報は、すべて17 Live公式サイト及びその関連サイトを参照しています。

トップ画像→Darwin Kong(Unsplashから)