韓国を代表する男性グループ、BTS(防弾少年団)が、新しいプレゼントを提供してくれた。

2月21日、BTSは前々から予告していたNewアルバム『Map of Soul: 7』をリリース。リード曲の『On』がMVとしてYouTubeで公開された。
 

 
『On』は、荘厳なパイプオルガンの音から始まり、宗教的なコーラスから、力強い様々な楽器の演奏へと移り変わっていく。

この楽曲には、オーストラリアのシンガーSiaが参加しているが、Siaはコーラスに参加するだけで、BTSは韓国語、英語を自由に操りながら、ファンを彼らの世界へと引きずり込んでいく。

この新曲は、多くの海外メディアの注目を集めている。Forbesは、『On』はBTSの楽曲の中でももっともキャッチーな曲の1つであり、チャートで上位に入ることは間違いなしと書いている。
 



 
今回のNewアルバムは、とりわけアメリカでの大ヒットが予想されている。その伏線は、1ヶ月前にあった。

今年1月、BTSは自身のチャンネルで『Black Swan』のダンス映像を公開した。この映像にはBTSは登場せず、白と黒のコントラストが特徴的なプロのダンサーたちが白鳥をイメージしたパフォーマンスを披露している。

この新曲を携えて、BTSはアメリカのテレビ番組”The Late Show with James Corden”に登場。この時の動画は、すでに3,000万再生を集めている。
 

 
今回の新アルバムには、世界を代表するアーティストたち、Halsey(ホールジー)、Ed Sheeran(エド・シーラン)、Troye Sivan(トロイ・シヴァン)とのコラボ曲が収められている。

どのアーティストも自己をしっかりと確立した評価の高い人々ばかり、その中でもBTSはその独自性を存分に生かしている。今回のアルバムは、2020年のK-POPを代表する1枚となるだろう。
 

 
 


カテゴリー: K-POP韓国語新曲