最近、K-POPグループの日本デビューが相次いでいる。2018年にデビューしたユニットとしては、思いつくだけでも、セクシー系カリスマ「EXID」、個性派実力集団「MAMAMOO」、楽器を弾きこなす男性バンド「DAY6」、美少女ユニット「GFRIEND(ヨジャチング)」がいる。

そんな2018年の終わりに、また1つのグループが日本デビューを計画しているようだ。それは、「Dreamcatcher」(ドリームキャッチャー)。

悪夢を防ぎ、良い夢をもたらしてくれるという、アメリカのお守りの名前を冠したDreamcatcherは、日本のBABY METAL(ベビーメタル)の影響を受けたとされる、個性的なアイドルグループだ。激しいメタルと力強い歌声、怪しい雰囲気のMVを特徴としている。

9月に公開した新曲『What』は、Youtubeで250万再生を突破しており、次第に知名度を高めている。そんなDreamcatcherが、2018年11月21日に日本デビュー(イルデ)すると発表した。

デビューシングルは、こちら! 『What』の日本語バージョンだ。初回限定版には、DVDが付属、購入者を対象としたハイタッチ会・握手会。個別撮影会も予定されているようだ。

詳細は、Dreamcatcher日本ホームページ→https://dreamcatcher-official.jp/

特徴的な音楽スタイルが注目を集めているDreamcatcher。まだ日本でのファンが少ない、デビュー初期にたっぷり交流しておきたい。