5月27日に、赤坂BLITZで来日公演を果たしたばかりのDREAMCATCHER。ジジジで注目しているユニットのひとつです。

今回は、日本でのますますの活躍が期待されるDREAMCATCHERとはどんなユニットなのか、どんなメンバーが所属しているのか、などをまとめていきます!

DREAMCATCHERってどんなユニット?

DREAMCATCHERは、韓国発の7人組女性ユニット。所属は、Happy Face Entertainment。

もともと「MINX」という名前で活動していました。しかし、活躍が難しかったのか、2017年に「DREAMCATCHER」に名前を変更し、2人のメンバーを追加するとともに、音楽スタイルを変えました。

「韓国の女性ユニット」、これだけならありふれていますが、DREAMCATCHERの特徴は、バックの音楽がヘビーメタルであること。

アイドルとヘビーメタルの組み合わせといえば、日本のBABYMETALが有名です。DREAMCATCHERは、BABYMETAL(ベビーメタル)に似ている点がありますが、BABYMETALがコアなヘビーメタルを追求しているのに対して、DREAMCATCHERは、よりメロディーがキャッチーです。

DREAMCATCHERのメンバー

リーダーのジウ。1994年生まれで、本名はキム・ミンジ。

ジウはエアロビクスでストレス解消するのが好きだそうです。そして、なんとベビーメタルのファンだとか!

 

メインダンサーのスア。1994年生まれで、本名はキム・ボラ。

スアはクールで、それが魅力だそうです。
 

メインボーカリストのシヨン。1995年生まれで、本名はイ・シヨンです。

シヨンは、メタルバンドのWarlockのファンだそうです。

 

1996年生まれの、ハンドン。本名もハン・ドン(韓東)で、DREAMCATCHER唯一の中国人メンバーです。

ハンドンは中国・武漢生まれ、MINX出身ではありません。

 

1997年生まれの、ユヒョン。本名は、キム・ユヒョンです。

ユヒョンは、中国語とドイツ語を練習中だとか。

 

1997年生まれの、ダミ。本名は、イ・ユビン。

ダミは、剣道を習っていたことがあり、『ワンピース』と村上春樹さんのファンだという、かなりの日本好きのようです。

 

1999年生まれの、ガヒョン。本名は、イ・ガヒョン。

ハンドンと同じく、ガヒョンもMINXのメンバーではありません。

 

これが、全員7人が集合した様子。

 

DREAMCATCHERの人気曲

DREAMCATCHERの特徴を最もよく表しているのが、この『Chase Me』。かなり激しいメタルの間に、巧みにラップを挟む点は、K-POPの流儀を守っているように感じられます。
 

『Chase Me』の世界観を引き継ぎながら、より明るいメロディーとダークなMVを組み合わせたのが、『GOOD NIGHT』。

 

2018年5月に公開されたのが、『YOU AND I』。従来の曲よりもややメタル要素が弱まっているようにも感じられますが、DREAMCATCHERの世界観に惹かれる人は、確実に増え続けています。

 

2018年6月現在最新の来日予定

人気を高めているDREAMCATCHERは、2018年7月に来日が決定しています。7月14日(土)、場所はマイナビBLITZ赤坂。

詳しくは、DREAMCATCHER公式サイトをご確認ください。

参照→http://www.dreamcatcher-japan.jp/
http://kprofiles.com/dreamcatcher-members-profile/

トップ画像(任意表示)→Sharon McCutcheon (Unsplash)



カテゴリー: K-POP