2018年9月にデビューした「公園少女(GWSN)」。

デビュー曲『Puzzle Moon』で神秘的な曲調、パフォーマンスが話題となり、2018 Seoul Success Awardsで新人賞を獲得するなど、今後の活躍が期待されるグループです。(筆者:suna)
 

 

「公園少女」とは?


 
韓国人、台湾人そして日本人の7人で構成されるガールズグループです。数々の作曲賞を受賞した有名作曲家キム・ヒョンソクが設立したKIWI MEDIA GROUPからデビューした、初のK-POPガールズグループです。

「公園少女」という名前には、

1. 誰もが気軽に訪れることができ、癒され、夢を育むことができる公園のように、公園少女の音楽を通じて老若男女問わず多くの人々に楽曲の楽しさ、夢を与えたい

2. グループ名の英語表記「GWSN」の各文字をとった「Ground West South North」という方角を表すことで、世界中に彼女達の楽曲の魅力を伝えたい、愛され、友達のような存在でありたい

3. 「公園」(コンウォン)と「永遠」(ヨンウォン)という韓国語の発音が似ており、韓国でそれらを数字表記する場合「01」となることから彼女達は永遠に1つである

という願いと意味が込められています。
 




 

各メンバーをご紹介!

ミヤ

生年月日: 1993年5月26日
国籍: 日本
ポジション: ダンサー/ラッパー

 
公園少女の中で唯一の日本人メンバー、ミヤ。公開されるとその中性的なビジュアルと強い目力が多くの人の印象に残りました。

デビュー前にはボーイズグループVIXXのコピーユニット「BAXX」のメンバーとして日本で活躍しており、現在の事務所のオーディション合格後1年も経たないうちに公園少女メンバーに選出。練習生前からダンスの技術を磨いてきた彼女のダンスパフォーマンスは必見です。

またf(x)のアンバーの再来とも言われており、ミヤ本人もロールモデルはアンバーだと言っているんだとか。
 

ソギョン

生年月日 1999年4月16日
国籍 韓国
ポジション ダンサー

 
「おひさまソギョン」と呼ばれているソギョンは、ニックネームの通り明るく、無邪気な女の子。メンバーからいじられることもしばしばあるようです。

そんなソギョンは、2016年PRODUCE101 SEASON1に個人練習生として出演。「BANG BANG」の舞台ではダンスアベンジャーズと言われるほど会場を魅了しました。

惜しくもデビューにはなりませんでしたが、放送後現在の事務所にスカウトされ公園少女のメンバーに。
 

ソリョン

生年月日 2000年1月26日
国籍 韓国
ポジション リーダー/メインボーカル

 
グループのリーダーそしてメインボーカルを務めるソリョンは、小柄なビジュアルと明るい髪色が特徴的です。ニックネームは「妖精リーダー」。確かに華奢な見た目から発せられる力強く、また高音でも伸びやかな美しい歌声は、まるで妖精のようですね。

ソリョンは幼い頃から歌を得意とし、学生時代のコンテストでは1位を取ったこともあるそう。そして国際オーディションの際事務所にスカウトされ、公園少女としてデビューしました。
 




 
エン

生年月日 2000年10月17日
国籍 韓国
ポジション ラッパー/サブボーカル

 
ロングヘアで切れ長な目、高身長というまさにクールビューティーなエン。デビュー時には赤い髪色が印象的でした。

凛としたビジュアルのエンですが、意外に天然な部分もあるんだとか。そんなギャップがあるのも彼女の魅力のひとつです。特技は中国語、演技だそうでこれから個人的な活躍も増えていきそうですね。
 

ミンジュ

生年月日 2001年3月11日
国籍 韓国
ポジション ダンサー

 
スラっとした手足が、公園少女のイメージにぴったりな清楚な女の子、ミンジュ。女の子らしく上品な仕草が見られ、趣味はピアノや文芸創作でおとなしい性格なのですが、ダンスはキレキレというこれまたギャップ萌えのメンバーです。

ミンジュの美貌は学生時代から覚醒しており、学校に有名な歌手が訪れた際に彼のマネージャーにオーディションを受けるよう勧められ、受けた結果見事合格。その後正式にデビューすることが決定しました。
 

ソソ

生年月日 2001年3月14日
国籍 台湾
ポジション ダンサー

 
ソソは、メンバー内唯一の台湾人。高身長でお人形のような見た目が特徴的な女の子で、宇宙少女のソンソに似ていると言われたり、TWICEのツウィを継ぐ台湾女神とも言われたりしています。その輝くビジュアルは男女ともに憧れですよね。

特技はストリートダンス、趣味はロッククライミングとアクティブな性格の彼女。グループ内では愛嬌を担当しているほど、可愛く活発なメンバーです。

ソソは台湾の芸術学校に通っていた際、公園少女のメンバー探しのために来校した事務所の関係者に即スカウトされ、練習生期間を経てメンバーに選抜されました。
 

レナ

生年月日 2002年4月17日
国籍 韓国
ポジション ボーカル

 
最年少メンバーのレナはパフォーマンス中にセンターを担当することが多く、公園少女の代表的なビジュアルメンバーです。BLACKPINKのジス、Girl’s Dayのヘリなどに似ていると言われています。

幼い頃から歌手を夢見ていたレナは、歌とともに英語も堪能。ファンミーティングでは英会話でファンと交流するなど、末っ子ながらグループを引っ張ってくれる頼もしい存在です。

そんな彼女の性格は、最年少らしくいたずらっこ。本人も公言しているそうです。

またちょっぴり泣き虫な面も見られます。公園少女のリアリティー番組でミヤのお母さんがサプライズ登場した時は、ミヤと一緒に(ミヤよりも?)号泣しているシーンがありました。天真爛漫で涙もろい、お姉さん達に愛される末っ子です。
 

メンバーの見分け方@最新曲MV!

今まで各メンバーを紹介しましたが、まだはっきりと見分けがつかない方もいらっしゃると思います。そこで、最新曲『Pinky Star(RUN)』のMVからメンバーの見分け方を解説していきます。
 

 
まずミヤから。彼女は比較的わかりやすいと思います。1番最初のシーンでカメラを構えるピンク色のショートカットのメンバーが彼女です。1人だけパンツ姿なのも特徴的ですね。

次にアップで登場するのが、エンです。0:48頃に登場する黒髪のポニーテールの女の子が彼女。デビュー時の赤髪とは違ったヘアスタイルで少し混乱しますが、今回は衣装が真っ赤なのでそちらに注目すれば見分けられるはず!

1:02あたりに一瞬登場する黒髪ストレート、紫のワンピースのメンバーがソソになります。そして2:27で指をさす(これも一瞬ですが…)女の子もソソです。

ミンジュは1:10に現れる花柄衣装の女の子です。3:04で3人が踊るシーンがありますが、そちらでは1番左、そして3:10の全員で白い衣装で踊るシーンではセンターを務めています。
 




 
末っ子レナがアップで登場するのは1:12あたりです。淡い桃色のワンピースを着ている女の子が彼女です。また1:36、2:36でセンターに変わるのもレナになります。

1:32でりんごを持った黄色い衣装、明るい髪色のハーフアップの女の子がいますが、その子がソリョンです。サビでセンター、ボーカルを担当しているのもソリョンです。

最後のソギョンは0:54に登場する金髪のツインテール、オレンジのチェック柄の衣装でジョウロを持ったメンバーです。そして3:04の3人で踊るシーンでは右側にいます。

今回のMVでは、各メンバーの衣装の色がはっきり違うためわかりやすいかと思われます!
 

公園少女を聴くなら?

さらに2019年3月には、2枚目のEPもリリースされました。新曲『Pinky Star』が収められ、ファンを喜ばせています。

そんな公園少女(GWSN)の楽曲を楽しむなら、Apple Musicがオススメ! 3ヶ月無料で体験できるので、この機会に音楽ストリーミングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 
Apple Music アフィリエイトプログラム
 

「公園少女」日本での活動は?

今後の活躍が益々期待される公園少女。そんな彼女達の日本での活動も間近に迫ってきているようです。
今後の日本でのスケジュールとしては、4月下旬に東京・大阪で初の日本ファンミーティング開催、また5月19日、KCON 2019 JAPANに出演とのこと。新人グループ公園少女のさらなる飛躍が楽しみですね。