4月12日、Mnetで放送されていた高等ラッパー3が最終回を迎えました。ファイナルに出場したラッパーは全6人。それぞれが強い思いを込めてステージに立ち、ラップを披露する姿は勇ましく、情熱を感じられました。

今回の記事では、1人1人の個性を生かしたステージを6人全員について詳しくご紹介します。(筆者:あーちゃん)
 

6位「지구멸망 (Feat. KIRIN)/양승호(ヤン・スンホ)」


 
TVアニメの画面から飛び出してきたような風貌が特徴的な양승호(ヤン・スンホ)。遊び心あふれるスタイルとは裏腹に、強烈なラップスキルを持った彼のステージは、毎度見応えがあり、自然と笑顔になっていました。

ファイナルで披露した『지구멸망』もまた、なんとなく口ずさんでしまうキャッチーなサビが魅力的でした。タイトル通り”地球滅亡”というテーマで綴られた歌詞は、メッセージ性あふれる率直な思いが詰まっています。ステージの端から端までを目一杯使う양승호(ヤン・スンホ)のステージからは、一緒に盛り上がりたくなる楽しさが見られますね。
 

5位「8(Feat. Agee Expression, MoonMean)/권영훈(クウォン・ヨンフン)」


 
まず初めにステージに立ったのは、권영훈(クウォン・ヨンフン)。彼は、自分が所属するクルー”제8기후대”の仲間たちと一緒にファイナルを戦いました。

クルーの名前を引用した『8』という曲は、권영훈らしく、独特な言い回しの歌詞が特徴的でした。歌詞の中でアートや芸術に対して言及しているのは、芸術家肌な권영훈だからこそ。

제8기후대はいま韓国の若者たちの間で、今後注目していきたい若手クルーのうちの1つのようです。『8』のステージに권영훈と共に上がった2人と、同じくファイナル進出を果たした최진호(チェ・ジノ)と一緒に活動しているクルーらしく、高等ラッパーでファイナルまで進出した期待の高校生ラッパーが所属しているということもあり、今後の活動が大きく期待されているクルーです。
 




 
4位「장원급제(Feat. 보이비, Owen Ovadoz)/이진우(イ・ジヌ)」


 
牛谷村(우곡마을、慶尚北道)という、ソウルから離れた地方から参加してきた이진우(イ・ジヌ)。「地元(牛谷)の名物になる(우곡의 명물이 되겠다)」と宣言してチーム代表選抜戦の際にステージに立ちました。

ファイナルではリズムパワーと、MKITRAINに所属するラッパーOwen Ovadozがフューチャリングで参加し、パワーあふれるステージを披露しました。ファイナルで披露した『장원급제』(壮元及第、1位で合格)は、彼がマイク片手にラッパー人生を突き進んでいく証のような歌詞が特徴的でした。

ブーンバップスタイルのビートに乗せたパワフルなラップに観客は終始圧倒され、熱いステージを感じることができました。
 

3位「내 맘대로(Feat. 기리보이, 펀치넬로) (Prod. Minit) /최진호(チェ・ジノ)」


 
セミファイナルでのステージが印象的だった최진호(チェ・ジノ)は、ラップの実力も十分すぎるほど高いです、彼の最大の魅力は耳に溶け込むような美しい歌声でしょう。

”歌えるラッパー”と話題の최진호(チェ・ジノ)のファイナルステージは、彼のマルチなスキルが十二分に発揮されたステージでした。フューチャリングには、メンター(プロデューサー)のGIRIBOYと、パンチのあるスキルフルなラップが特徴的なpunchnelloが参加し3人の個性がバランスよくミックスされた楽曲でした。

手をあげてリズムを取りたくなるようなビートに載せて歌う최진호(チェ・ジノ)の姿は、高校生とは思えないカリスマ性がありました。
 

2位「팝콘(Feat. 페노메코, 유라 (youra)) (Prod. Nutty)/강민수 (AQUINAS)」


 
放送当初から強烈なルックスが目を引いた강민수 (カン・ミンス)は、チームバトル以降はブレイズヘア風のカラフルなエクステンションに、金髪という華やかで垢抜けたスタイルにチェンジしていました。古着をミックスしたようなおしゃれなスタイルが、韓国の若者から注目の的のようですね。

独特なトーンが魅力の강민수のファイナルステージでは、同じく耳に残る特徴的なサウンドボイスのラップシンガーPENOMECOと、ハイセンスなステージを披露しました。2人のパワフルなラップに観客の熱狂はとどまるところを知らず、ステージでは終始盛り上がり続けていたようでした。
 




 
優勝 「GO HIGH (Feat. 우원재, 창모 (CHANGMO), The Quiett) (Prod. CODE KUNST)/이영지 (イ・ヨンジ)」


 
第1話のサイファー戦の時からスキルフルな低音ラップが話題になっていた이영지(イ・ヨンジ)が、見事優勝を勝ち取りました。CODE KUNSTとThe Quiettプロデューサーのもとで、派手な容姿とは裏腹に謙虚な姿勢だった彼女の姿に、好感を持っていた視聴者は多かったようでした。

ファイナルのステージでフューチャリング参加したのはなんと、ラッパーのWoo WonjaeとCHANGMO。どちらも韓国だけでなく日本でも大人気のアーティストです。

이영지 のステージに現れた豪華すぎるゲストに観客の歓声が最高潮に達し、その時点で彼女の獲得点数は430点を超えていました。この時点で既に前に披露したラッパーたちに大きく差をつけ、彼女の力強さをアピールしました。

ステージを降りると、年相応の女子高生らしく謙虚で可愛らしい이영지は、マイク片手にラップを披露した瞬間、人が変わったように男性にも負けないパワフルでエネルギッシュなステージを披露しました。最終的な彼女の得点は、667点という圧倒的な数値で優勝を果たしました。
 

高等ラッパーが放送終了!活躍したラッパーたちの今後は?


 
高等ラッパーの放送が無事終了しましたが、参加した高校生ラッパーたちの今後はどうなのでしょうか?

高等ラッパー1で優勝したYung Bと2位のOsshun Gumは、ラッパーSwings率いるIndigo musicとjust musicにそれぞれ加入し、活動しています。Yung Bの方は、その後開催されたShow Me The Moneyにも参加し、大きく活躍していましたね。

シーズン2で優勝したHAONは、Jay Park率いるH1GHR MUSIC RECORDに迎えられ、2019年にはHIPHOPAWARDにて新人賞を獲得しました。また、同じくシーズン2に出演していた、イ・ロハンは、Deepflow率いるVMC(ビスメジャーカンパニー)に所属し音楽活動を行っています。

シーズン1、シーズン2と同様シーズン3に参加し、ファイナルステージまで残って素晴らしいステージを披露したラッパーたちも、どこかの音楽レーベルやクルーで活動を開始することでしょう。권영훈(クウォン・ヨンフン)や최진호(チェ・ジノ)は既に自分たちのクルー(제8기후대)があるので、そこでの活躍も期待大ですね。
 

View this post on Instagram

@sokodomoがシェアした投稿


 
先日、양승호がJay Parkとの2ショット写真を自身のInstagramに投稿したことで、大きな反響が上がりました。ファイナルステージでは、残念な結果に終わってしまった양승호ですが、彼の実力の高さは番組視聴者もよく知っているので、もしもJay Parkが代表を務めるAOMG、またはH1GHR MUSIC RECORDに所属することがあれば嬉しいニュースですね。

また、優勝した이영지(イ・ヨンジ)はどこかのレーベルに所属して活動することは間違いないので、彼女の発表が待ち遠しいです。彼女のメンター(プロデューサー)であったCODE KUNSTが番組の中でも凄く可愛がっていたことや、ファイナルステージでのWoo Wonjaeとの相性抜群なステージを見て、多くの視聴者がCODE KUNSTやWoo Wonjaeが所属するAOMGに加入するのを待ち望んでいるようです。

どこの音楽レーベルに所属が決定したとしても、これからも彼女のキラキラと輝く姿を今後も見れるかと思うと今から気持ちが高まりますね。
 

高等ラッパー3の記事のまとめ

ラッパーサバイバル番組から初の女性優勝者となった이영지(イ・ヨンジ)。彼女をはじめとした熱狂的なステージを披露した6人のファイナリストたち。

今後の彼らの活動と、活躍が放送終了からまだ1週間にも関わらず、多くの視聴者から期待の声が上がっているようです。それに応えるように、高等ラッパーに出場したラッパーたちによるライブの開催や、韓国内でのHIOHOPフェスへの出演が決定しています。

今後は、それぞれの道でプロのアーティストとして活動し始める高校生ラッパーたち。彼らの中から、この先の韓国HIPHOP界を牽引していく存在へと成長するスターが生まれることでしょう。
 

関連記事

 

 

今回の記事の筆者: あーちゃん
今回の筆者のブログ: https://ayanonn06020123.hatenablog.com/

 


カテゴリー: K-POP