2018年5月に『LATATA』で鮮烈なデビューを果たし、現在までに6000万回近い再生を集めている(G)I-DLEが、ついに期待の2曲目を公開した。

心を寄せていた恋人に振られた、悲しい気持ちが「Alone」の歌詞に込められている。「HANN」には「恨」という意味もあるから、寂しさと同時に激しい怒りが含まれているのかもしれない。

公開から5日で、400万回近い再生を集めている『HANN(Alone)』。最近、有名ユニットが次々と新曲を披露しているが、またもK-POPファンを興奮させること間違いなしだ。
 

 

トップ画像→Nicholas Barbanos(Unsplashから)



カテゴリー: K-POP音楽ニュース