(G)I-DLE(アイドゥル)が、昨年夏の『HANN』以来の新曲『Senorita』を発表した。この楽曲は、2月26日発売の(G)I-DLEの2ndアルバム『I Made』に収録されている。
 


 

スペイン語で「お嬢さん」というタイトルのこの曲。タイトルからも分かる通り、ラテン風のゆったりとした音楽、管楽器の懐かしい響き、男性のバックボイスがふんだんに使われている。

名前なんか分からなくても良いから、抱いて、という情熱的な歌詞。深い恋愛というよりは、行きずりの愛。メンバーたちの姿や立ち居振る舞いからも、そんな雰囲気を感じ取ることができる。

特に、最後の「Senor」(旦那)が、めちゃめちゃドキドキする。若さと色っぽさ、両方を兼ね備えた(G)I-DLEは、SISTARの再来かもしれない。
 

 



カテゴリー: K-POP韓国語新曲