韓国の6人組ガールズグループ(G)I-DLEが、6月26日、新曲『Uh-Oh』のMVを公開した。
 

 
走り屋っぽいボーイッシュな服装で登場する(G)I-DLE。ゆったりとしたR&Bのメロディーに、ちょっと悲しそうな歌詞が重なる。

今回の曲は、ソヨン(リーダー)が作詞作曲も行っているようだが、K-POPの曲には珍しい軽い敬語(ヘヨ体)が特徴的だ。

もともとは全然関心を持っていなかったくせに、成功した途端に、昔から友だちだったかのように接してくれる人に、痛烈な皮肉を浴びせるために、距離感を感じさせる敬語が使われているようだ。

まあ、私自身はソヨンが『Idle song』をリリースした時から注目していたから、にわかの皆さんとは違う。というのは冗談で、別に(G)I-DLEのファンのことをいっているわけではないと思うが、確かに突然馴れ馴れしてくる人に違和感を持った経験は誰でもあるかも。
 



カテゴリー: K-POP韓国語新曲