韓国の芸能事務所と、日本のAKBグループが参画した女性グループIZ*ONE(アイズワン)が、日本語2枚目のシングル『Buenos Aires』を6月26日にリリースする。
 

 
「Buenos Aires」は、言うまでもなくアルゼンチンの首都だが、スペイン語で「良い風」という意味だ。汽車に乗って、風に乗って、新しい街に出かけよう、という楽曲のメッセージとぴったりのタイトルだ。

MVは、全体に軽いスモークがかかっており、鮮やかさとレトロ感を同時に実現している。コメント欄を見ると、中でもミンジュとチェヨンのパートの人気が高いようだ。




意図されているかどうかは分からないが、アルゼンチンは昔から駆け落ちしたり、誰かから逃げたりするのによく使われる国だ。『アルゼンチン逃避行』という曲もあるくらいで、その雰囲気を汲んだ『Buenos Aires』は、コンセプトを一貫したラブソングに仕上がっている。

『La Vie en Rose』、『Violeta』と、スペイン感を取り入れてきたIZ*ONE。そのスタンスを継いだ新曲も、ぜひヘビロテしたい。



カテゴリー: K-POP日本語曲