さて、2018年も終わりに近づいている。今年は、本当にたくさんの名曲が生まれ、K-POPの人気がさらに高まった年だったが、そんな1年も締めくくりの時期を迎えている。

12月28日に開催されたK-POPの祭典、KBS Song Festivalでは、飛躍の1年にふさわしい最強のコラボがいくつも見られた。

「そんなユニット、初めて聞いた!」という方は、ぜひピンクのユニット名をクリックして、詳しい情報をチェックしてほしい。
 


 

まずは、Red Velvet(レドベル)のジョイ、LOVELYZのミジュ、GFRIEND(ヨジャチング)のソウォン、OH MY GIRL(オマゴル)のジホ、TWICEのツウィ、MOMOLANDのヨヌという、6人のプレミアムすぎるコラボ。

コラボでのカバー曲は、miss Aの『Hush』。全員が黒の上下に身を包んでいるが、コスチュームやアクセサリーが、それぞれ個性的なことに注目したい。

2:21のツウィの「アハ」のパンチが強すぎる。全体的なコンセプトは、シックなセクシーさなのだろうか。
 


 

こちらもヤバい。Red Velvetのイェリ、LOVELYZのケイ、GFRIENDのオンジ、TWICEのダヒョン、(G)I-DLEのユキが、少女時代の『Kissing You』をカバーしている。

ユニットはだいたいかぶっているが、こちらは、それぞれの明るい系キャラクターが集まったコラボとなっている。

コンセプトは、ずばりキュート。選曲が良いですよね、『Kissing You』は少女時代の1stアルバムに収められた、2007年の楽曲。
 


 

これもエグいなあ。

元Wonder Girls(ワンダーガールズ)のソンミ、Red Velvetのスルギが、ソンミの『Heroine』を歌っているところに、Wanna One(ワナワン)のデフィが登場。歓声が一段と高まる。

こちらは、シック? クール? かっこよすぎる3人に注目だ。

さて、このKBS Song Festivalをもって、韓国でのK-POPイベントは終了。日本ではまだ紅白歌合戦が残っているのだが、ジジジは用事があるため紅白をリアルタイムで見ることができず、記録記事も書けないTT