世界中で大人気のバトルゲーム『League of Legends』(リーグ・オブ・レジェンズ)。多くのゲームファンを熱狂させ、世界各地で大会が開かれるまでに成長した『League of Legends』だが、「ゲームの中で結成されたアイドルユニット」が話題を呼んでいる。

「K/DA」は、2018年11月に行われたL of Lの世界カップで登場する、架空のK-POPアイドルユニット。

今回の世界大会が韓国・仁川(インチョン)で開催されることもあって、K-POPアイドルというコンセプトが採用されたようだ。

そんなK/DAが11月3日にリリースしたデビュー曲(設定ではとっくの昔にデビューしたことになっているようだが)、Youtubeで公開された『POP/STARS』はわずか3日で1500万を超える再生を集めている。

K/DAは、アーリ、イブリン、カイ=サ、アカリという4人のメンバーによって構成されている。4人を演じているのは、アメリカ人シンガー、マディソン・ビアー、ジャイラ・バーンズ、そして韓国の人気アイドルユニット(G)I-DLE(アイドゥル)のミヨンとソヨンだ。

デビュー曲『LATATA』が7500万再生というヒットを記録している(G)I-DLE。L of Lとのコラボでさらに加速したその活躍から目が離せない。

 
 

 
参照→https://www.4gamer.net/games/073/G007372/20181106108/
トップ画像→Pim Chu(Unsplashから)



カテゴリー: K-POP