IZ*ONE『La Vie En Rose』(10/29)に至るまで

日本のK-POPファンにとって、日本のアイドルのイメージは良いとはいえません。「ダンスが下手」「歌が下手」「公私混同が激しい」など、不満を口にする人もいるほど。

時期は前後しますが、NGTのメンバーが襲われた事件、各地のAKBグループで恋愛禁止ルールが事実上守られなくなっていること、急速なファン離れなど、日本のアイドルの未来は明るくなさそうです。

そんな中、月に始まったPRODUCE 48には批判も多く寄せられました。「韓国のレベルが高い研修生(トレイニー)と対決したら、日本のAKBは勝てるわけないよね」「日本人として恥ずかしいから止めてほしい」といった声まで。

私も正直、あまり期待していませんでした。まず、広報がガバガバすぎて、AKBのファンもK-POPファンも番組が始まる直前まで存在を知らなかったほど。日本一のアイドルAKBと、韓国一のケーブルテレビMnetが組んでも、こんなレベルか、という感想でした。
 


 

結論としては、PRODUCE 48はかなりおもしろい展開になりました。オーディション番組には「出来レース感」が付き物ですが、PRODUCE 48では、結構「素」が出ていました。

日本ではVIPとして扱われているアイドルたちが、韓国のダンサーたちが怒鳴られるシーンは、明らかに演出ではあったものの、しっかりしたレベルで来ないと容赦しないという姿勢が見られました。

「PRODUCE 48ってそもそもなんだ?」という方には、こちらの記事から。
 

 

私の予想では、韓国が遠慮した日本に12人のうちの半分、6人は譲るのではないかと思っていましたが、そこまで優しくはなかった模様。3つしかポストは渡さず、その割に日本で知名度・好感度がともに高い宮脇咲良はしっかり持っていくというスタンスに、妥協のなさとプロデュースの上手さを感じます。
 


 

IZ*ONEの現在

AKBファンの間では、「IZ*ONEの主導権は完全に韓国に持っていかれる」という声も強かった模様。実際、韓国デビュー曲『La Vie En Rose』の演出や歌は韓国風に仕上げられていたものの、1stシングルには秋元康氏作詞の日本語曲も収められるなど、「日韓共同」の姿勢は貫かれています。

また、日本デビュー曲『好きと言わせたい』では、演出・歌ともに日本側に主導権を渡したようです。実際、AKBもこれまで日本で強い存在感を示してきたわけで、その経験とスキルを活用しよう、という方針のようです。
 


 

海外を見ても、K-POPが進出を目指している東南アジアなどでは、AKB・坂道グループの人気が高く、この地域を狙う上ではK-POPが日本のアイドルから学ぶこともありそうです。

日本のアイドル業界に行き詰まり感があるとしても、それは韓国に解決してもらうべき問題ではなく、日本のプロデューサーが自分たちの力でどうにかしなければならない課題です。

だから、AKBのスタッフは一方でこれまで培ってきたノウハウを大事にしながら、一方では韓国から学んだことを日本流にアレンジする難しい作業に取り組む必要があるでしょう(なぜか上から目線)。
 

 

さて、結局4つしか紹介しない、というカンタンすぎる記事だったのですが、これだけでかなり2018年のK-POPシーンは網羅できたのではないでしょうか。

「まだまだあるやろ〜」という方には、ぜひ下のオススメ記事をチェックしてください!