一方、BLACKPINKはタイ出身のリサ、オーストラリア・NZで育ったロゼとジェニを抱え、国際的なイメージを持っています。堪能な英語、海外で磨かれた社交性を活かし、海外の番組に進んで出演し、熱心なファン以外の一般の視聴者にも知名度を高めてきました。
 

 
例えば、こちらのインタビューでは4人揃っているのでぎこちなさがありますが、もちろんネイティブレベルの2人がリードして、しっかりとした受け答えをしています。前のページの内容と矛盾しているわけではありませんが、熱心なファンを獲得することに加えて、それ以外の人を”無関心”から”あ、知ってる!”の状態にすることはとても大切なプロセスです。

こうした大手メディアへの登場を通じて、ファンはBLACKPINKを支えてきたことを報われた気持ちになり、さらに強く支持していこうと思うようになります。もちろん韓国語で話したらいけない、というわけではありませんが、英語をスムーズに使えると便利なのは絶対に間違いなし、です。
 



 

アイドルと戦略の記事まとめ

今回の記事では、ヒットしている韓国アイドルをモデルに、どのような戦略をもとに活動が行われ、どのようにファンを獲得しているのかを分析してみました。その結果、アイドルのプロデュースには、3つの重要なポイントがあることが分かりました。

1つはどんなファンをターゲットにするのかを決めて、どのようにアピールするかを考えること。2つ目は、ファンが自発的にさらにファンを増やしてくれる、あるいはファン同士で情報を共有してくれる環境づくりが必要だということ。3つ目に、メンバーのスキルを活かしてファンに貢献する、あるいは社会に貢献すること。

これらは事務所やアイドルが進んで始めたこともあれば、活動の中で自然と生まれてきたこともあるでしょう。しかし、これらの施策にはほとんどお金がかからないのが特徴です。

やみくもに投資するのではなく、本当に必要なことは何なのか、しっかりと見据えて活動計画を立てること。これが、アイドルの勝ち筋だといえそうです。
 

 
 


カテゴリー: K-POP韓国情報