韓国の5人組ガールズグループ、LABOUM(ラブーム)が新曲『Turn It On』(火をつけて)のMVを公開した。

韓国語タイトルにもなっている「プルルギョ」(火をつけて)が繰り返される歌詞。私の心に火をつけて、私にはキミしかいない、といったメッセージからは、暖かい気持ちになる熱愛よりは、激しい束縛と執着が感じられる。

MVは、男性アイドルグループUNBのジュンがゾンビになり、ソルビンを追いかける印象的なシーンから始まる。銃で撃たれ、LABOUMのメンバーたちの助けで人間らしさを取り戻していくジュンだが、ついには自分がゾンビらしさをすべて失ってしまっていることに気がつく。

ジュンのゾンビ要素は、どこに行ってしまったのだろう。ピュアな姿に戻ったジュンとは対照的に、LABOUMのメンバーたちの目は怪しく輝く。歌詞に現れている、MVでは束縛したい心がゾンビとして表現されているのかもしれない。

最後にはMVのメイキングが収録されている。LABOUMの親しみやすさが伝わる一幕だ。

この楽曲は、12月5日発売のシングル『I’M YOURS』に収録される。



カテゴリー: K-POP音楽ニュース