韓国の4人組女性グループ、MAMAMOO(ママムー)が、新曲『Wind Flower』のMVを公開した。

音楽はジャジーな雰囲気で、ねっとりした大人っぽいボーカルに惹きつけられる。今日、この晩を楽しんで生きる、そんな歌詞は、K-POPの主流ではなく、自分たちが作りたい音楽を歌ってきたと自負するMAMAMOOにぴったりだ。

花をフェンスに叩きつけ、口紅を横に引きずる、そんな悔しさをにじませる風景。ソラが鏡にリップで「風花」と書き付けた瞬間、MVの空気感は変わり、チャイナタウンで仲間と飲みまくる風景へと展開していく。MAMAMOOの4人の仲間の大切さ、気の置けなさを感じる一幕だ。

さて、終盤のシーンでは踊り狂い、遊びまくっていたメンバーたちが、ふとこちらを向いて冷めた顔をする様子が写っている。それは、いたずらが見つかった子供のような反応というよりは、仲間内だけの雰囲気を壊された、そんな白けた顔に見えなくもない。

しかし、そこで私たちはMAMAMOOだけではなく、それを見ているこちらも、このMVの参加者だということに気が付くのだ。

この楽曲は、MV公開当日11月29日発売のアルバム『BLUE_S』に収録されている。



カテゴリー: K-POP音楽ニュース