2006年にラッパloopyが結成したヒップホップ系レーベル、MKIT RAIN。LAを拠点に活動しており、実力の高い新進気鋭のラッパーたちが集まっています。

今回はそんなMKIT RAINについて、メンバーの紹介から、発売されたばかりのNEWアルバムについてまで、幅広くご紹介します。(筆者:あーちゃん)
 

MKIT RAINのラッパー陣を紹介!

 

Loopyプロフィール


 

韓国名:이진용 (イ・ジヨン)
生年月日:1987年9月9日
身長:173cm
体重:58kg
所属レーベル:MKIT RAIN

 
LOOPYは、高校を卒業後そのまま軍隊へ入隊し、兵役を務めます。除隊後、24~25歳の頃にアメリカに留学。

その後は、アメリカ(LA)でラッパーとして、アメリカのアンダーグラウンドで活動を始めます。長くアメリカで活動し、その間なかなか芽が出なかったようですが、実力を積み、韓国系ラッパーとして徐々に名前を知られていくようになりました。

MKIT RAINを結成した後は韓国とLA両方を活動拠点としながら、ライブ活動やアルバム制作を続けてきました。
 


 
MKIT RAINの代表であり、若き社長でもあるLoopy。年齢はJAY PARKと同い年です。この年代の韓国ヒップホップアーティストはアメリカに足を運び、音楽活動を行っている人が何人もいることがわかりますね。
 

 

独特なフロウに、特徴的なボイスが魅力のLoopyのサウンド。彼の実力の高さも魅力ですが、何よりも彼のラップから感じる、異質なオーラとハイセンスさが1番の強さなのではないでしょうか。
 





 
naflaプロフィール

この投稿をInstagramで見る

ITO 1

nafla. 나플라.さん(@nasungcityboy)がシェアした投稿 –


 

韓国名:최석배 (チェ・ソクベ)
生年月日:1992年2月28日
身長:169cm
体重:60kg
国籍:アメリカ合衆国
所属レーベル:MKIT RAIN

 
在米韓国人であるnaflaは、LAを中心に活動をしていた韓国系ラッパーでした。naflaという名前は、彼の友人が偶然飲んでいた天然サイダー飲料水のパッケージラベルから引用したもののようです。

韓国ヒップホップグループであるCB MASSの音楽やTupac、ノートリアスB.I.G.、JAY-Zなどの楽曲に影響を受け、LAでYouTubeやサウンドクラウドに音源を公開しながら活動していました。
 


 
naflaの名前が韓国・LAの両方で一気に広まったのは、この『Wu』という曲がきっかけと言えるでしょう。2015年の5月に公開されたこの動画及び音源によって、韓国の新鋭実力派ラッパーとして多くのリスペクトを受けるようになりました。

特徴的な発声に、タイトなラップが魅力のnaflaは、ブーンバップを得意としているようです。様々な音楽スタイルに適応できるのが彼の最大の魅力であり、ノーミスハイスコアの完璧なラップには脱帽しますね。

この動画を公開後、『Wu』のトレードポーズである両手で作る羽が。彼の登場を歓迎するポージングになりました。彼のファンは彼へのリスペクトを込め、彼のステージで羽のポーズを見せることがよくあります。
 

BLOOプロフィール


 

韓国名:김현웅 (キム・ヒョンウン)
生年月日:1994年10月12日
所属レーベル:MKIT RAIN

 
Loopy、naflaと共にMKITA RAINを結成したラッパーBLOO。彼がMKIT RAINを結成したしたことで、名前が広まるようになった韓国人ラッパーで、それまで彼の情報はほとんど出ていなかったようです。
 


 
強烈なフックが特徴のラップスタイルで、中性的な容姿に雰囲気のある音楽が魅力のラッパーです。BLOOは現在、LAを活動拠点としているようですね。
 





 
Owen Ovadozプロフィール


 

韓国名:김현우 (キム・ヒョヌ)
生年月日:1991年10月13日
学歴:総神大学校 中退
国籍:韓国
所属レーベル:MKIT RAIN

 
Owen Ovadozは韓国に国籍を持つラッパーで、MKIT RAINに加入したメンバーです。活動拠点は主に韓国で、現在も韓国に在住しているようです。

国籍は韓国であるようですが、出生地は本人も分からないようです。幼少期はニュージャージー州にいて、母親と一緒に中学生の時に韓国に渡ってきたようです。
 


 
メッセージ性の高い歌詞を書くラッパーで、度々政治的な話題をリリックにのせることもあります。男らしくも柔らかさのあるボイスに、安定感のあるラップが魅力です。

「Show Me The Money」に何度か出場しているも、なかなか本戦まで出場することが叶わないようです。実力ともに十分なラッパーであるため残念ですね。「Show Me The Money8」に出演するかはわかりませんが、彼の真の実力が発揮されることを祈ります。
 





 

MKITA RAINの名前を韓国中に広めた「Show Me The Money777」

2018年に放送された「Show Me The Money777」に出場した、MKIT RAINのLoopy,nafla,Owen Ovadoz。

Loopyとnaflaは今回が初めての出場で、出場することが決定した瞬間、一気に注目が集まりました。Loopyとnaflaの実力は、この時からすでに韓国中でも知れ渡っており、特にnaflaは優勝候補の1人として話題でした。
 


 
放送当初からnaflaやLoopyの安定した高い実力に、プロデューサー陣も感嘆しており、他の出場者から頭一つ飛び抜けた存在でした。

特に、2チームに分かれたラップバトル戦では、Loppyがグループのパート決めから立ち回り方まで、リーダーのnaflaをサポートしながら丁寧に作り上げている様子が放送され、2人の絆の深さや、10年以上LAで長く共に活動してきた信頼関係とヒップホップアーティストとしてのスキルを感じます。

また、Loopyとnaflaは別々のグループに分かれ、共に優勝を狙い戦うことになります。しかしながら、お互いがステージに立つと番組の中では優勝を競うライバルでありながらも、お互いを気にかけ、称え合う姿が除かれます。個人のことだけでなく、”MKIT RAIN”というレーベルを掲げて挑戦をしにきていることが分かり、彼らの音楽にかける覚悟や仲間意識を感じることができます。
 


 
Loopyとnaflaは見事ファイナルまで出場を果たし、2人は優勝争いをする結果に。この瞬間、同じグループの仲間でありながらも、それぞれ優勝を本気で勝ち取ろうとしていたことが分かります。

結果的にはnaflaが優勝を勝ち取りますが、この瞬間解放されたように2人がハグを交わし、お互い頷きあうシーンが見られました。

最後のシーンでは、”MKIT RAIN”というレーベルの名前を広めるために、過酷なサバイバル番組に挑戦した2人の覚悟と強さが感じられ、多くの視聴者は心を揺さぶられたことでしょう。

実質、彼らの名前とMKIT RAINというレーベルの知名度は韓国内だけでなく、多くの国々で知られ、有名アーティストとしての仲間入りを果たしました。それまで、高い実力はありながらも、大きな知名度と人気はなかったMKIT RAINが高く飛びたつための羽を手にした瞬間と言えるでしょう。
 


 
後日談で、naflaは優勝した景品である車をloopyにプレゼントする様子が動画にあげられました。naflaがloopyのことを本当に尊敬しており、兄貴分だと思っていることが伝わり、2人の絆に胸が温かくなりますね。
 

SMTM777出場後、最強タッグがリリースしたNEWアルバム

番組出場から1年。MKIT RAINの最強タッグであるLoopy&naflaが、NEWアルバム「Loofla」をリリースしました。
 


 
ほぼ半年前から、MKIT RAINの公式チャンネルで2人のアルバム制作エピソード動画が公開され、多くのファンがアルバムの発売を今か今かと楽しみに待っていました。
 


 
アルバムのプロデューサーには、JuniorChefやCODE KUNST、BIG BANANA、Louis Mauiなど豪華なラインナップ。タイトル曲の1つである『Atlantis』は夏らしさを感じる楽曲で、特徴的なフックに2人のラップが絶妙にマッチした、魅力的なソングです。
 


 
Dingo Freestyleにて公開された『Shot』も、MKIT RAINのスタイルが前面に現れた楽曲で、楽しげにラップをする2人の様子、一緒にリズムを取りたくなるビートと、クセになるラップ歌詞が魅力の1曲です。

このアルバム発売を記念して、ソウルにて3日間限定でアルバム発売記念のポップアップストアを開催しました。初日から多くの人が足を運び、アルバムに収録されている楽曲ごとにデザインされたキャラクターのTシャツやステッカー、ポスター等が販売されました。3日間限定でありながらも、多くの人々が足を運び、MKIT RAINの人気が改めて感じられました。
 

MKIT RAINの記事まとめ

LAと韓国を行き来しながら活動するヒップホップレーベル、MKIT RAINについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

韓国トップレベルのラップスキルを誇るnaflaとloopy。彼らのスキルフルな楽曲に虜になる人々は、韓国だけでなく海を越えたLAにも、そして世界中に存在するでしょう。

LAで活躍する韓国系ラッパーMKIT RAINの今後の活躍とさらなる飛躍に期待が止まりません。