韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」を運営するCJ E&M Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安相萬〔アン・サンマン〕)の韓国本社であるCJ ENMは、12月10日(月)から14日(金)まで、韓国、日本、香港の合計3地域でアジア最大級の音楽授賞式「2018 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」を開催しました。

10日(月)、国内及びアジア新人アーティストたちが集結した「2018 MAMA PREMIERE in KOREA」を皮きりに、12日(水)、「2018 MAMA FANS’CHOICE in JAPAN」では全世界のファンたちが強力な支持を送ったアーティストらが共に集まり、14日(金)は、世代とジャンルを越えて、今年を輝かせたアーティストらが広げた夢の舞台「2018 MAMA in HONG KONG」まで続いて、全世界のファンたちと音楽を通じてつながりました。

■全世界の音楽ファンがつながった「2018 MAMA」、グローバル音楽授賞式の地位を確かに、「2018 MAMA」はMnetとMnet Smartで生中継・生配信されたほか、アジアの主要地域チャンネルでも同時に生中継、日本以外ではMwave、YouTube、Naver TV、V liveなど、オンラインを通じて200余りの地域で放送され、グローバルな音楽ファンたちとつながりました。

ファンたちの反応は熱狂的で、SNSリアルタイム投票が進行された「2018 MAMA FANS’CHOICE in JAPAN」は、本表彰式が行われている間に、全世界で米国、日本、ドイツ、豪州などグローバル40カ国以上の地域で、「2018 MAMA」韓国、日本、香港をつなぐ“MAMA WEEK”が大盛況! 投票1335万件、オンライン視聴者は3200万、観客4万人を動員!

Twitterリアルタイムのトレンド1位を一気に収めて、1335万件の投票数を記録しました。あわせて、3つの地域で進行されたMAMAのオンライン生中継は視聴者が 3200万人を超えました。このように一つの授賞式が様々な大陸をまたがり、同時に動いたのは異例なことです。

「MAMA」の現場を訪れた観客だけでも合計4万人でした。会期中は、会場周辺では入場観客だけでなく、チケッ トを入手できなかったファンの方も、MAMAの雰囲気を感じるために集まり長蛇の列となりました。国や文化に関係なく、全てのファンが共に参加して楽しめるグローバル音楽授賞式「MAMA」はファンを魅了しました。

■グローバルスターから新人アーティストまでひとつになった音楽祭の現場

常に最高のラインアップでファンたちを訪ねていった「MAMA」ですが、今回の「2018 MAMA」もまた、どんなトップスターが登場するか関心が高まっていました。

今年は永遠の伝説のポップスターであるジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)の登場がファンを驚かせました。本人の名前を取った「Janet Jackson Inspiration Award」受賞者となったジャネット・ジャクソンは、真摯なコメントでより大きな反響をもたらしました。また、中華圏新4天王で、全世界に多くファンを持つ JJ LIN、人形のような美貌で中華圏最高の人気スター、アンジェラベイビー、ドラマ「孤独のグルメ」で有名な日本の俳優、松重豊までグローバルスターたちが「MAMA」を訪問し、会場を沸かせました。

アジア音楽交流拡大のために新設された「Best New Asian Artist」の授賞は、K-POPの本場である韓国で、日本、中華圏、インドネシア、ベトナム、タイなど各地域の次世代の主役たちが交流する場をもたらす意味のある場となりました。MAMAだけでしか見ることができない特別なコラボ舞台もまた、ファンたちの注目を集めました。

中華圏の人気アーティストJJ LINと韓流スターのキム・ジョングクのコラボや、ヒップホップレジェンドであるタイガーJK&ユン・ミレとチョンハ、バーノンの世代を超えたコラボ、MOMOLANDとMommy Sonのジャンルを超えたコラボなど、通常の授賞式では見られない特別な舞台をお送りしました。

■MAMAが現在進行形で新たな歴史を作る

韓国国内では音源やアルバムの成績を基準にした新たな授賞式が出ていますが、最初からグローバルを目標として始めたMAMAとは志向が異なります。

先に行われた「MAMA10年記者会見」では、「みんなで共にK-POPとアジア音楽を、最大の影響力を持ったアジア最高の音楽授賞式に」というビジョンを明らかにして、北米、欧州などのグローバル最大の音楽市場でもアジア最高の音楽授賞式MAMAが比べられるように、MAMAを通じてアジア音楽がグローバルの主流になるだろうという抱負を語りました。

MAMAは過去10年で進化と発展を繰り返し、先導的なイメージを持つことに成功したので、これからの10年は、他のグローバルな授賞式と比べても遜色ない、名実ともにアジア最高の音楽授賞式として確立していくことをこれからも目指します。

■オンエア情報■

「2018 MAMA PREMIERE in KOREA ※字幕なし」: 1月21日(月)16:00~

「2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN ※字幕なし」: 1月23日(水)17:30~

「2018 HONG KONG ※字幕なし」: 1月27日(日)15:00~

日本語字幕版は2月下旬にオンエア予定。

※放送時間・内容が都合により変更になる場合があります。予めご了承ください。

アイキャッチ画像→Mnet提供



カテゴリー: イベント告知