2008年から活動を続けている5人組男性アイドルグループ、SHINee。そのメンバーの1人、ONEW(オンユ、オニュ)がソロ新曲『Blue』のMVを公開した。

シンプルなピアノのメロディーが、逆に世界観の大きさと荘厳さを示している。どこか冷たさを感じさせる音楽の中で、ONEWは堂々とした歌声を披露している。

歌詞では、光か闇か分からない存在に呼ばれる不安、そして孤独でありながらも恐れずに喜びを持って進んでいく心情が描かれている。

この歌詞は、MVとのうまくマッチしている。ONEWの目の前で光り輝くのは、不気味ながらも美しい宝石だ。また、ONEWがすれ違うのは、目を隠した人々。不安、希望と興味が端的に表されているのだ。

ONEWは今月(2018年12月)に入隊を予定しており、SHINeeとしても、ソロとしても活動を長期間休むことになる。もちろん、はっきり表現されているわけではないが、アイドルとしての人生から一変した環境への不安を感じながらも、1人でも希望を持ってガンバっていく、という気持ちをファンに向けて表現しているように思われる。

ベテランの韓国人男性アーティストにとって、兵役は面倒でありながら、避けられない宿命だ。これまでとはまったく違う環境の中で、さらにONEWの音楽センスが磨かれることが期待される。



カテゴリー: K-POP音楽ニュース