日本と韓国の関係がとても悪くなっています。K-POPファンからすると、「別に韓国人は、日本人を嫌っていないよ!」と言いたくなるのですが、今韓国に滞在中で、いろいろ思うことがあります。

また、機会があれば、現在の韓国の状況、特にソウルとかプサンみたいな大都会ではなくて、地方都市の様子をお伝えしますね。

さて、最近、日本人メンバーを迎えた新しいK-POPグループがデビューしました。その名は、Rocket Punch(ロケット・パンチ)!
 


 
8月7日、デビュー曲『BIM BAM BUM』が公開されました。このグループは、6人組のガールズグループで、日本からは元AKBの高橋朱里さんが参加しています。

昨年のProduce 48でも良いところまで行ったものの、デビューは叶わなかった朱里さん。それでもK-POPへの憧れは止まず、単身で韓国のウリムエンターテインメントに入社し、晴れて今回、デビューを果たしました。

1thekのチャンネルでは、公開から5日で800万再生を突破しており、とても良いとは言えないかもしれないけれど、好調なスタートと言えそうです。
 


 
「これだから、K-POPファンは韓国に甘い!」と言われそうですが、今回のデビューはかなり思い切ったな、ウリムは偉いな、と思います。

先日、MYSTIC(ミスティック)が元AKBの竹内美宥のデビューを延期したばかり。社長のユン・ジョンシンは、日韓関係の悪化が原因だと述べていましたが、ウリムはそんな空気にも飲まれず、デビューを延期しなかった点は評価できると思います。

18日には、サマソニにBLACKPINKが来るし! やっぱりエンタメが日韓関係を救うことに期待するしかないんですかね、本当は政治が解決してくれるのが一番良いんだけど。



カテゴリー: K-POP韓国語新曲