韓国の人気番組「Show Me The Money」の新シーズンの放送が決定されました。先日、シーズン777の優勝者であるラッパーnaflaと準優勝者のloopyが公開したMVを皮切りに、さっそく参加ラッパーの応募が開始されています。

今回は、そんなヒップホップオーディション番組「Show Me The Money」の魅力から、歴代優勝者についてまで詳しくご紹介します。(筆者:あーちゃん)
 

Show Me The Moneyとは


 
Show Me The Moneyとは、2012年から韓国のケーブルチャンネルMnetで放送開始されたオーディション番組です。ヒップホップをテーマに、ラッパーたち、を韓国内だけでなく、世界中から集め、最強ラッパーを決めます。

審査員のことをプロデューサーと称し、参加ラッパーは予選をくぐり抜けると、プロデューサーたちとチームを組んでチーム対抗戦を行います。その後勝ち進んだラッパーがセミファイナル、ファイナルへと進み、その年の最強ラッパーを決める勝負を行います。

ラッパーたちの順位と賞金は観客による投票で決定し、文字通り彼らのステージが目に見えるお金の価値で判断される様子が特徴的な番組です。
 


 
Show Me The Moneyは、ここ数年は新人ラッパーの登竜門として扱われるようになりました。Show Me The Moneyに出演することで箔が付き、名前が売れるとされているのです。

実際Show Me The moneyに出演したことを機に、ライブやコンサートの出演からTV番組などメディア露出の機会が増えたり、新しくアルバムをリリースしたりなど、一気にスターダムの道へ進むことができるきっかけにもなります。そのため、多くのラッパーたちの番組参加目的は、「お金のため」「名前を売るため」というのが強いようでした。

放送開始当初は、一部の有名ラッパーを除いてほぼアンダーグラウンドの文化だった韓国ヒップホップとラッパーたちがメジャーシーンに乗り出したことで、大きな反響がありました。

もちろん様々な意見が飛び交いましたが、シーズン1から昨年放送されたシーズン7までの間で、ラッパー達の熱いサバイバルの様子が多くのドラマとなり、彼らの存在が韓国の若者たちの憧れへと成長したことで、今韓国でのヒップホップの人気はKPOPにも引けを取らないレベルになっています。
 




 

待望のシーズン8が開幕!4/4よりラッパー募集が開始!


 
2019年の4月2日。Mnet official channelより、ある動画が公開されました。

「할 수 있으면 해 나처럼」。日本語で訳すと、「オレらのようにできるならやれ」というタイトルのこの動画でラップを披露するのは、Show Me The Money777の優勝者naflaと、準優勝者であるLoopy。mikit rainというヒップホップレーベルで活動している彼らは、Show Me The Money777の”顔”であり、番組を大きく盛り上げた存在でした。

そんな彼らがShow Me The Money8の開始のゴングを鳴らすMVを公開しました。前シーズンの王者が挑発するかのような歌詞が印象的なMVは、新たな王者の誕生を予告するかのようです。naflaやLoopyのように、番組を大きく盛り上げ韓国ヒップホップシーンに新たな風を吹き込むような強者が現れるかと思うと、今から番組の放送が待ちきれませんね。
 

Show Me The Money歴代優勝者たち!彼らの現在は?

シーズン1. Loco


 
2012年に開始したShow Me The Money。1回目の優勝を手にしたのは、当時アンダーで活躍していた”Loco”でした。

ラッパーDouble Kとタッグを組み『HOME』という曲で優勝したLocoは、その後Jay ParkとSimon Dominicが共同代表を務めるAOMGに所属し、メジャーに活動を始めました。現在では、知らぬ人はいないと言っても過言ではないラッパーLocoですが、3枚目のアルバム「HELLO」をリリースして現役入隊を果たしました。ラッパーとしてLocoがまたステージに上がる姿が待ち遠しいですね。
 

 

シーズン2. Soul Dive


 
シーズン2で優勝を果たしたのは、韓国の3人組ヒップホップグループである”soul dive”。シーズン2にはSwingsやZIZO等の有名ラッパーが多数出演して話題になりました。

前回のシーズンとは審査方法が若干変更され、チーム対抗戦になった後は、審査員も参加者と同じ立場で参加するという新しいルールのもとで勝負が進みました。ZIZOとわずか1票という僅差で優勝を果たした”soul dive”は新しい音源の公開こそないものの、定期的なライブ出演をしながら活動しているようです。
 




 
シーズン3. BOBBY


 
シーズン1,2以上に、審査プロデューサーが豪華になったことで放送前から話題になったシーズン3は、現在iKONという男性グループで活動しているラッパーBOBBYが優勝を果たしたとで番組自体が大きく話題になりました。

YGのオーディション番組である「WHO IS NEXT」で積極的に活動するものの、番組でのデビューが果たせなかったBOBBYが出演したことで、それまで「Show Me The Money」に目を向けてこなかった新たな視聴者層を獲得し、番組の名前が広く知られるようになりました。

歴代の中でも、現在のヒップホップシーンで頻繁に活動しているラッパーやプロデューサーが多く参加したシーズン3。このシーズンがきっかけで、「Show Me The Money」自体のファンになる視聴者もでき始めました。
 
シーズン4. Basick


 
韓国で人気ヒップホップ番組として定着した頃、2015年に放送されたシーズン4には、シーズン1の優勝者LocoがJay Parkとともに審査プロデューサーとして参加したことで話題になりました。また、人気アーティストであるZICOやラッパーpaloaltoの参加など、韓国のヒップホップシーンを大きく盛り上げている現役の有名アーティストたちが番組参加しました。

参加ラッパーにも、アンダーグラウンドで有名なラッパーから、現在WINNEのメンバーとして活動しているソン・ミノまで見応えのある豪華ラインナップでした。このシーズンから新しくミッションが追加され、番組独自のエンターテイメント色が強く感じられたシーズンでもありました。

シーズン4で優勝したのは、Basick。ソン・ミンホとのファイナルでの戦いは歴代シーズンの中でも特に有名で、参加当初からメジャーシーンで有名だったソン・ミンホを打ち破ったラッパーとして大きく評価されました。
 

シーズン5. BeWhy


 
2016年に放送されたシーズン5は、韓国のヒップホップシーンを牛耳る有名ラッパーやアーティストが審査プロデューサーとして参加し、放送開始前から高い話題性を保持していました。

この頃から韓国音楽シーンでは、ヒップホップ色が強くなり韓国のメジャー音楽シーンにも強く影響を与える存在へと変わっていました。Show Me The Moneyの放送が韓国の若者達に大きな夢を持たせる番組へと進化していたのです。この当時から、番組に出演することでラッパーとしての名前を宣伝できる登竜門として見られるようになりました。

そんなシーズン5で優勝したのは、当時新人ラッパーであったBeWhy。息継ぎをしていない高速ラップが特徴的な彼は、この番組で優勝後瞬く間にスターへと成長しました。現在では、韓国内でも非常に高く評価される人気アーティストとして番組にも引っ張りだこのようです。
 

シーズン6. Hangzoo


 
2017年に放送されたシーズン6は、シーズン1で参加プロデューサーとして参加したDouble Kを始め韓国ヒップホップブーム第1世代から、高等ラッパーの優勝者であるYoung Bなどの新しい世代のラッパーが入り混じったシーズンでした。プロデューサーには、韓国の人気ヒップホップアーティストDynamic Duoが参加したことでも話題になりました。

シーズン6で優勝したのは、Hangzoo。Hangzooは、リズムパワーという名前でBOYY B、지구인と3人で活動しています。Hangzoo以外の2人がシーズン6では早々に脱落してしまい、脱落した2人の為にも奮闘した姿は印象的だったようですね。ファイナルステージでは、Swingsがフューチャリングとして参加し、壮大なステージを披露してくれました。
 




 
シーズン777. nafla


 
2018年に放送されたシーズン7には、naflaやLoopy、Kid Mill、SUPERBEEなど、ラッパーやラッパー好きの間では有名なアーティストが多く参加したことで放送開始前から話題になりました。歴代最高のハイレベルなバトルが繰り広げられたといえるでしょう。

またこのシーズンを機に人気になったラッパーも多く現れました。この番組を機に、ph-1やCOOGIEをはじめとした期待のアーティストが生まれています。シーズン777で優勝を果たしたnaflaは、それまで海外を拠点として活動していたMkit rainという音楽クルーの名前を一気に韓国内に知らしめることに成功しました。naflaの圧倒的な実力とラップセンスは、見る人を釘付けにする強い魅力があるように感じますね。
 

SMTM記事のまとめ

ついに動き出した韓国の人気ヒップホップサバイバル番組である「Show Me The Money」の新シーズン。現在、ラッパーたちの応募期間であることから、おそらく番組の放送自体は今年の夏頃を予想されます。

シーズンを迎えるごとに、年々審査プロデューサーから参加ラッパー、フューチャリングアーティストが豪華になっているだけでなく、実力も高くなってきているようです。また人気番組だからこそ、参加ラッパー数も年々上昇しているようです。

韓国のラッパーで有名になりたければ、ここを通らざるは負えないといわれる登竜門として見られている番組「Show Me The Money」。今年は一体どんな強者ラッパーが生まれるのか、今から放送が待ちきれないですね。
 

関連記事

 

 

今回の記事の筆者: あーちゃん
今回の筆者のブログ: https://ayanonn06020123.hatenablog.com/

 


カテゴリー: K-POP