様々な国から、韓国に憧れる女性たちを集め、韓国の文化を体験してもらう、Mnetのリアリティ番組「UHSN」(留学少女)。そんなUHSNが、共同生活で培った韓国語を使った楽曲『POPSICLE』をリリースした。
 

 
テレビ番組の企画としてのグループであるため、音楽の完成度は問題ではないだろう。韓国文化が、東アジアだけではなく世界中で愛されていること、外国人が主体となってK-POPを作り上げていけることを示せただけでも、UHSNの価値はあったといえる。

コメント欄では、PRODUCE 48にも出演したAKBグループのメンバー、千葉恵理(えりい)に注目する声が高いようだ。企画ではなく長続きするグループで活躍してほしいという声もある。

政治的には冷え込む日韓関係だが、エンタメ業界では互いへの関心は高い。ファンの反応次第では、えりいの韓国移籍もありえるかもしれない。
 

 
 


カテゴリー: K-POP韓国語新曲