NCTの4番目のサブユニット、WayV(威神V)が初めてのミニアルバム『Take Off』をリリース、タイトル曲のMVを公開した。
 

 
中国マーケットの開拓を目指し、中国人6人、タイ人1人で結成されたWayVは、2019年1月にデビューEP『The Vision』をリリース。ルーカス(Lucas)を中心に、『理所当然(Regular)』などの楽曲でファンを魅了した。

中国人が中国語で歌う、ということでK-POPのスタイルを大切にしつつも、音楽の点ではローカルな音楽へのリスペクトも見られる。WayVのファンが、SMエンターテインメントの期待通り、中国の人々かどうかは分からないが、今後も高い期待を集めていくことは間違い無いだろう。



カテゴリー: K-POP韓国語新曲